WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

魅力的な人になるための自律神経の整え方

こんにちは!ゆいです!
季節の変わり目は体調が崩れやすくなったり、イライラしがちです。

今回は、健康や美のキーワードとなる自律神経の整え方をお伝えします。
自律神経が整えば、見違えるほど魅力的な人になり、毎日が豊かに過ごせるようになりますよ。

目次

自律神経とは

自律神経とは、内臓器官のすべて、特に血液をコントロールしている神経のことです。
私たちのライフラインを支えてくれています。

自律神経は私たちの背中に通っています。

自律神経は、
交感神経と副交感神経の2種類の神経から構成されています。

自律神経のバランスを整えることが大切です。
この両方の神経のバランスが整えば、
細胞のすみずみにまで質のいいきれいな血液を流してくれ、
健康になることができるからです。
一流と呼ばれる人ほど、魅力的な人ほど、自律神経が整っています。

現代人は交感神経にバランスが傾きがちなので、副交感神経をあげる意識を持つとよいでしょう。

自律神経を整えるためのキーワード

じゃあ自律神経を整えるために、どうしたらいいの?

ということですが、

「ゆっくり、楽に」考えて行動する
がキーワードです。

一番の大敵は、ストレスです。

ゆっくり呼吸し、ゆっくり微笑み、ゆっくり話し、ゆっくり動き、ゆっくり食べる。
焦らない。

くま

焦らず、ゆっくり。

朝いそがしい人は、
30分でも早起きすると自律神経が乱れず、
1日を快適に過ごせる過ごすことができます。

焦ると自律神経は乱れてしまいます。
乱れた自律神経はなかなか元には戻らないのです。

「ゆっくり、楽に」構えることは、副交感神経をあげるためにも役立ちます。
そうすると、自律神経が整い、全てがいい方向に変わっていきます。

食生活

1日3食の「リズム」が大切です。
起きぬけに水を飲み、朝ごはんもきちんと食べること。

食事をするときに気をつけることは、

  1. 好きなものを腹7分目で楽しく食べること
  2. よく噛むこと

食事の内容は、

  1. 糖質を抑えること
  2. タンパク質を十分に取ること
  3. 質の良い油を取ること
  4. 抗酸化作用のある食べ物をとること
  5. 野菜、フルーツを取ること
  6. 一日1リットル〜2リットルの水をこまめに飲むこと

以上に気をつけていると、腸が整い、自律神経も安定します。

運動

自律神経を整えるために、
特別な運動は必要ありません。
日常生活の中に体を動かす習慣を取り入れていきましょう。

たとえば、
エスカレーターは使わず、できるだけ階段を使いましょう。
できるだけ日中にたくさん歩きましょう。
電車やバスの中で立つことも立派な運動です。
午後や寝る前のこまめなストレッチもオススメです。

睡眠

夜はできるだけリラックスして過ごしましょう。
時間の流れをゆったりと感じられるとよいです。

そのために避けたいことは

寝る前の電話。
ベッドに入ってだらだら携帯をみること。

お風呂にもできるだけ浸かり、体を温めましょう。

生活習慣

何事もゆっくりと行うことが大切です。

時間には余裕を持つこと。
たとえば約束した時間の10分前に到着するようにすると、
自律神経が安定し、ミスも防げます。

自分のために時間を使うこともよいでしょう。
1日30分だけでも自分1人の自由な時間を作ることで、
生活の中にリズムができ、自律神経が整い、1日が充実します。

時間管理とそれに伴うリスク管理は、自律神経を整えるコツです。
手帳などで今後の計画を立てることも最高の方法です。

時間の使い方で気をつけたいことは、読書とテレビ。
これらは時間を決めることが大切です。
時間を区切らずにだらだらとしまっては、自律神経を乱します。

携帯も同じです。
ダラダラと続けてしまっても、いいことはほとんどありません。

他に自律神経を整えるためにはおすすめなのは、

鏡に向かって微笑むこと、
上を向いて空を見上げること、
自然に触れること、
1日の終わりに7行前後の日記(失敗したこと+感動したこと)をつけること

です。

メンタル

まずは楽に生きること。

「あれもダメ」「これもダメ」と神経質になるのは、逆効果です。
「何時に寝なければいけない」「これを食べないといけない」と新たなストレスを溜めるのはよくありません。
ストイックになりすぎるのではなく、ゆるやかに、ゆとりをもった生活をしましょう。

take it easy「気楽に行こう」です。

そして、何かあったときには今の状況を「意識する」こと。
自律神経が乱れてしまっているときも、
意識をすることで半分は解決しています。

ストレスに関しては、
ストレスから逃げないで、
あえて立ち向かい、
具体的な理由を明確化し、
対処法を考えることが、
ストレスを軽減させるコツです。
大泣きすることも助けてくれます。
また、お笑いなどを観て笑うことも1つの手です。

くま

問題の対処法さえ分かっていれば悩まないかも!

ゆい

過去と他人は変えられないから、変えられること集中したらいいよ!
変わらないことは諦めよう。
自分の行動や環境は変えられるから!

緊張の糸は1本だけ残しておくと、
副交感神経が上がりすぎ、
不注意でミスをしてしまうことが防げます。
自分の感情とは少しだけ距離を取るようにしましょう。

自分に自信がない、
自分が好きではないという気持ちは自律神経を乱してしまいます。
自分を好きになるには、小さな自信を見出すこと。

ただし自信がありすぎるとゆるみきってしまい、
交感神経が上がらず、
成長しようという活動力が出てこないようになります。
コンプレックスも使いようです。
コンプレックスがあるからこそ、変化し続けることができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
健康で、美しくなるために、一流であるために、何より自分が快適に過ごせるために、ぜひ自律神経を意識して上記の習慣を生活に取り入れてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる