WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

バチェラー・ジャパンから学ぶいい女いい男

こんにちは!ゆいです!

アマゾン・プライムで話題となっている『バチェラー・ジャパン』。
どんなもんかと思って観てみましたが、
とてもおもしろいだけでなく、
勉強にもなりました。
仕事面でも、恋愛面でも・・・

くま

バチェラー面白い!

『バチェラー・ジャパン』は現在シーズン3まであり、
1話は約60分とけっこう長いですが、
時間をとって見てみる価値ありです。

下記に感じたことをまとめてみます。

目次

①  いい女とはなんぞや

この答が示されています。

バチェラーに出演している女性は相応にしてすばらしい女性たちばかりです。
その中でも特に最後まで残った女性の特徴をあげます。

⑴ 芯の強さを持っている

ぶれない気持ちを感じされられる女性はいいなと思います。
彼女たちは自分のありかたや自分のありたい姿をしっかりと持っているように感じました。

⑵ 美しい

見た目はもちろんですが、佇まいやありかたに強さを感じられ、内面から美しいと思います。
ネガティブなことも克服した強さや元々のポジティブな性格があると感じます。

⑶ 周りの人のことも考えられ、その上で自分を優先できる

バチェラーのことはもちろん、他の参加者の女性のことも考えられていた女性が最後まで残っていました。
1番はじめのほうに落とされた女性は、
「自分が自分が」とカクテルパーティーの際にバチェラーの気持ちを考えずに話しかけにいこうとしていた傾向があります。

バチェラーも最初は自分が気になった人と話してみたいはずですよね‥‥
バチェラーの気持ち、そして、周りの女性の気持ちを考えた上で、
「自分がどうしたいのか」を優先させることができた女性が残っていたように思います。

⑷ 余裕がある

自分に自信があるというか、
デートの際に会えなくても泣いたりしないし、
自分は選んでもらえると思える、余裕があります。
彼女たちは、まわりの女性と自分を比べて、
時には余裕をなくしかけていたときもあるようでしたが、
基本的には余裕があるように感じました。

その余裕は、
美しさを保つ努力をしたり、
ネガティブなことを克服してきた経験だったり、
いろんなことにチャレンジしてきたり、
そういったところから出てきたのだなと思います。

⑸ 弱さも見せられる

バチェラーの前では弱さも見せられる強さがありました。
バチェラーも嘘や表面的なところはやはり気づいてしまうんですね。
いざというときに、弱さをさらけだせる強さを持っているところが素敵だと思います。

⑹ バチェラーと対等の立場

バチェラーは地位もお金も見た目も性格も家柄も完璧で…という男性。

そんな人を目の前にしてみたら、引いてしまう人も多いと思います。

しかし、最後まで残った女性はバチェラーの下手に出るのではなく、対等な立場であろうとしていました。
付き合ったら対等な立場になるので、だったら最初から対等に接してくれる人の方がバチェラーにとってもいいですよね。

将来を考えたときもも、
後ろからついてきてくれる女性よりも、
だめなところはダメといい、
横並びで一緒にがんばろうとしてくれる女性の方がよいと思います。

⑺ チャレンジ精神がある

いざというときに、
怖くても飛び込むことができる、
自分を放り投げることができる、
新しいことに挑戦できる女性は輝いています。

それは自分への自信にもつながっているようです。

⑻ 家族を大事にしている

家族と仲がよかったり、家族の気持ちを考えられたり、家族に何かしてあげられていたり、家族に感謝していたり、家族を大事にしている様子が伺えました。
だから、バチェラーも幸せな結婚がイメージしやすかったのだと思います。
色々な事情はあると思いますが、家族を大事にしている女性はやはりいいなと思います。

② いい男とはなんぞや

この答も示されています。
バチェラーは3シリーズあり、それぞれのバチェラー3名を分析しました。
ここでは①であげた項目以外をあげていきます。

⑴ 直感力がある

シーズン1からシーズン3を観て、直感力がある男性が多いように感じました。

直感力は恋愛でも仕事でも大事になってきます。
シーズン3では、女性の影の部分にもきちんと気づき、また女性の気持ちも察することができていました。

最後に残った6名は20名の中でも全員が最高の女性だと思いました。

⑵ 恋愛には刺激ではなく、安定を求めている

ドキドキやワクワクを求めるのは悪くないことですが、こと結婚となると違うと思います。

恋愛にドキドキやワクワクを求めている以上、結婚はできないと思いますし、まだ結婚はするべきではないです。

いずれお別れすることになるでしょうから、相手の女性がかわいそうです。
女性からすると、刺激は仕事や趣味でお腹いっぱいにしてほしいものです。

まぁ、経営者の方は恋愛にも刺激を求める人が多いので、
結婚してからも他の方に恋愛している(浮気している)人が多数でしょうが。

⑶ 言葉をかなり選んで伝えている

話す前に、言葉をしっかりと選んで伝えている様子が伺えました。

相手のことを考えたり、自分の印象をよく見せたり、相手に伝わりやすくするためだと思います。
想定質問には、こういう答え方をしようと決めているような感じもありました。
嫌味がなかったですね。
さすがです。

⑷ 謙虚に見せる

もちろん自分に自信はあると思いますが、彼らは謙虚で親しみやすい印象がありました。

だから、周りに人も仕事も集まると思います。
お金持ちでも傲慢な人は、ちょっと近づきたくないですよね。

⑸ 相手を喜ばせるために行動できる

どのデートの内容も最高でした。相手を喜ばせるために何をしたらいいのか、バチェラーは分かっているようでした。

相手に憑依し、相手の気持ちに寄り添った行動ができるのはさすがだと思います。
3名ともモテそうですね!

これは恋愛だけでなく、仕事にも大切な姿勢ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
人間模様が垣間見えるバチェラーは最高のドキュメンタリーです。ぜひ、時間を作って観てみてくださいね!

こちらから観れます!
Amazonプライム・ビデオ

私もできることならバチェラーに参加してみたい!
ということでどうやって参加できるのか調べてみたら、すぐに応募サイトが見つかりました。

たとえ最後まで選ばれなくても、すごく良い経験になりそうです。

バチェラー・ジャパンシーズン4 参加者募集要項はこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる