WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

JICA青年海外協力隊に参加するメリット&デメリット

こんにちは!ゆいです!

今回は、JICA青年海外協力隊に参加するか迷っている方向けに記事を書きました。

くま

JICAに興味あるなぁ。

私は、2015年度1次隊としてアフリカのマラウイ共和国に派遣され、
2017年に帰国しました。

帰国してしばらく経つからこそ、見えてきた面があります。

参加するメリットとデメリットは当然ながら両方あります。

JICAに参加しようと迷っている方の参考になれば嬉しいです!

目次

JICA青年海外協力隊に参加するメリット

①人とは変わった経歴が手に入る

ここは注目されるポイントとなります。
帰国後の就職活動で、
面接試験では必ずと言っていいほど突っ込まれました。

これを面白いと思ってくれた会社の面接には通ることができました。

実際私は、

・リクルート
・ベンチャー企業数社
・教育系企業
・留学事業を行う企業

は通過しました。

即内定が出たところもありました。

②メディアに露出することがあり、個人の名を挙げることができる

私の場合は、テレビ、新聞、JICAのホームページに活動を取り上げていただきました。
そのことで個人の名前が少なくとも上がりました。

近所の人たちや知人の話題ともなりました。

人によっては、ラジオやテレビ「こんなところに日本人」に取り上げられることもあるでしょう。

上手く活用すれば、多くの人に影響を与えられる人になることもできます。

③想いを持った異業種の方との人脈ができる

「世界を変えたい」とアツい志を持つ人がJICAには集まります。
世間で言うと「変わった」人たちが多いことも事実です。
彼ら彼女らの経歴は様々で、話を聴くと自分の世界も広がります。

そのことで、自分の行動が変わり、人生が変わることもあるでしょう。

これまで自分が浮いた存在だと思っていた人も、
なんか自分が変わっている存在だと思っていた人も、
最高の仲間に巡り合うことができるかもしれません。

私自身もJICAに参加する前は自分がなぜか浮いた存在だと感じていましたが、
JICAに参加し、帰国後も切磋琢磨し合える仲間ができました。

親友や戦友に巡り合うことができました。

また、JICAで生涯のパートナーを見つけた人もたくさんいます
相手は同じ協力隊だったり、現地人との国際結婚だったり・・・

JICAに参加して、結果として結婚相手や最高の親友と
巡り会えることも大きな幸せなのではないでしょうか。

④特定の分野においてJICAでの活動はとても評価される

特定の分野でJICAでの活動がとても評価され、
唯一無二の存在となり得ることができます。

その分野とは、

・教育分野
・医療分野
・公務員
・国際開発分野
・海外への進出を考えている企業

です。

上記分野に志望の方はJICAに参加することをオススメします。

間違いなく自身の市場価値が上がります。

私は帰国後「教育」に携わっていますが、
JICAに参加したというだけで未だに引っ張りだこです。

講演してほしいという依頼がよく来ます。

⑤現地での人脈ができる

2年間、現地に住んでみることで現地の人たちとの人脈を作ることができます。

信頼関係に基づいた人脈を作ることは、単なる旅行の中では難しいです。

しかし、現地に住んで、
現地の人たちと生活を共にし、
一緒に仕事をする中で、
自分のことを知ってもらえたり、
相手のことを知ることができます。
それが確固たる信頼関係に繋がります。

日本にはない、人間関係などに基づいた独特の仕事の進め方なども
現地の人たちと一緒に仕事をする中で掴めるものです。

特に帰国後に現地と日本を繋ぐビジネスなどを考えている方にとって、
現地の人たちとの人脈があることは強みになります。

⑥研修が充実しており、語学を身に付けることができる

2ヶ月半もの研修期間の間、泊まり込み式で、
ビッチリと語学を朝から晩まで先生やメンターがついて学ぶことができます。

英語、フランス語、アラビア語、スペイン語、中国語、
インドネシア語、ベトナム語、タイ語、カンボジア語など、

幅広い言語をひとつ指定され、
基礎から上級までレベルに合った学び方をすることができます。

私は英語を学びました。

英語を使って、
議論をしたり、
プレゼンをしたり、
授業を展開したりする日々を過ごしたので、
英語を実践的に使えるようになりました。

語学の他にも
貧困や病気、
国際開発など、
あらゆる知識を無料でつけることができます。

しかも講義の質は高いです。

⑦準公務員なので制度がしっかりしている

国際ボランティアに参加しようと思っているなら、
JICAを通して参加することがおすすめです。

制度がしっかりと整っているからです。

  1. お金の心配をせずに参加することができる
  2. 怪我した時や病気になってしまった時もJICAがなんとかしてくれる
  3. 予防注射を全て無償で受けられる
  4. 情報を早く手に入れることができる
  5. 役所手続きのイロハを教えてもらえる
  6. 身分が保証されているので、活動を進めやすい
  7. 家族を呼ぶこともできる
  8. 緑色のパスポート(公的パスポート)を発行してもらえる
  9. 現職のまま参加できる制度もある

海外でも安心して住むことができ、安心して活動に取り組むことができるのは、
大きなメリットだと言えます。

万が一病気になってしまったときにも最高の待遇で対応してくれます。
ドクターヘリで海外から日本まで輸送されたという話も聞きました。

お金の心配もいりません。

⑧幸せへのハードルが下がり、多くの幸せを感じられる

途上国に住むと、

  • 電気が通っていない
  • 電波が届かない
  • 水道がない
  • 虫がたくさん(特にG)
  • 衛生環境が悪い
  • 病気になりやすい
  • 夜出歩けない
  • 強盗に合う可能性がある
  • 中国人と間違えられ、差別を受ける
  • 不便
  • 命の危険に晒される

など住みにくい要素がたくさんあります。

その中で現地の人たちは、
人に優しくしたり
衣食住を大切にしたり
することを日常的に実践しています。

日々の暮らしを丁寧にすることで、
「あぁ幸せだな」と感じる機会が増える
んですよね。

帰国してからもその思考を持ち続けていると、
幸せだと感じ続けられます。

今、私は「生きているだけで幸せ」だと本気で思えています。

日本は非常に恵まれた環境です。

  • 電気や水道がいつでも使えること
  • 美味しい食べ物をいつでも食べられること
  • 仕事に困らないこと
  • 健康でいられること(ずっと体調を崩していません)
  • 綺麗な環境に住めること
  • 学びたい時に学べること
  • チャレンジしやすい環境にあること
  • お金を好きなように使えること

はこの上ない贅沢だと感じ、心地よく過ごすことができています。

そう思えるのは、これらが2年間もの間満たされなかったことも大きいです。

JICA青年海外協力隊に参加するデメリット

メリットをたくさん挙げましたが、メリットばかりではありません。

JICA青年海外協力隊に参加する一般的なスパンは2年です。

2年間途上国で過ごすのは今後への影響がとても大きいです。

更にそれが20代30代に参加となると、
1番成長できる時期なので
ここをどう過ごしたかはさらに影響が大きくなります。

帰国してから、
あのまま日本に残っていればこういうこともできたかも・・・
と思うことがいくつもあります。

メリットの数よりデメリットの数の方が少ないですが、
どれも致命的なものにはなります。

ぜひ参考にご覧ください。

①ビジネスには弱くなる

キャリアを作る上で致命的なのですが、
JICAに参加したことで、ビジネスには弱くなる傾向があります。

JICAは準公務員なので、
明確な成果は求められないですし、
厳密にいえばノルマもないです。

実際にビジネス経験を何年か積み、
結果を出してからJICAに参加するのはアリだと思います。
しかし、自分にビジネス感覚がないうちはやめておいた方がよいと個人的には思います。

ビジネスなんて自分には関係ない?
いえいえそんなことはありません。

ビジネス感覚を持っているとあらゆる場面で活躍できます。

現職が教員などの専門分野や公務員でも同じです。
ビジネス感覚が身についていないうちはやめておいた方がよいと思います。
一生教員、一生公務員で、一生安泰は幻想です。

かつての私もそうでしたけど、ビジネス感覚がないと言われても分からないんですよね。
だから公務員や先生への世間からの目は冷たいのです。
教員や公務員であっても、ビジネス感覚は持つべきです。

帰国後NPOやNGOで働く予定であっても、
専門職であっても、
ビジネス感覚は持つべきです。

JICAに参加することで、ビジネス感覚を養う機会を失う損失は考えておいた方が良いです。
ビジネス感覚はやはり現場で身につくものだからです。
そして、JICAから帰国した後にビジネス感覚を身につけるのは至難の道です。
なぜなら強かった自分の意見がさらに強くなってしまいがちだからです。

私が当時の20代半ばで将来の道に迷っていた自分にアドバイスをするとするなら、
「教員を辞めてまずは一般企業に転職し、それからJICAに参加しろ」
と言います。

当時は教員として一生を過ごすことに不安を抱いていました。

そして、ビジネス書を読み漁っていました。

  • 一生公務員でやっていけるのか
  • 定年した後の人生はどうするのか
  • 得られるスキルが限られている
  • 見えている世界が狭いんじゃないか
  • 副業禁止はおかしい

そんなことを考えてモヤモヤとしていました。

まずはビジネス感覚を現場で養うようにアドバイスします。

②帰国後日本社会に馴染めない人が多い

統計を取ったわけではないですが、
帰国後日本社会の中で働き、体調を崩している人が多いように感じます。

その後、休職したり、望まず退職するケースも多いです。

  • ノルマを求められない
  • 比較的時間を自由に使うことができる
  • 主体的に活動できる
  • みんなに興味を持ってもらえる

などの途上国での環境から、
日本に帰国すると、

  • ノルマを求められる
  • 質の良いサービスを提供することが求められる
  • 時間の拘束がある
  • 上司の言うことを聞かなければならない
  • 裁量が少なくなる
  • 同調圧力がある
  • 変な目で見られて無視される

と急に変化します。

マトモにやっていたら、環境の変化から普通に体調崩します。

私は周りを気にしないですし、
そのような環境からは逃げてきたので、
体調は崩しませんでしたが・・・

マトモに関わっていたら健やかに生きていけないです。

中には退職して自分のやりたいことを見つけて取り組んでいる人もいますが、
上記の「ビジネス感覚」がない場合、成功は難しいです。

成功を焦らずに事業に携わり、
学び続け、行動し続けられる人だけが成功できるかと思います。

③自分が思っている以上に企業には評価されない(就職しにくい)

教育や国際開発など、特定の分野以外の企業には、
事実として就職しにくい傾向があります。

書類の段階で落とされることも多々あります。

それで心折られた協力隊出身の友人も何人か知っています。

粘り強く就活を続けていく中で、
ようやく内定がもらえた会社が条件のよくないところだったり・・・。

実際に企業の人事担当者からお話を伺ったところ、
「JICA人材は採用をためらう」という方もいました。

なぜなら、想いがあっても、ビジネススキルがないから。
(こういったケースが多かったようです)
JICA人材は扱いにくいようです。

元々国際開発分野に携わりたかった場合は協力隊に参加することは大きなアドバンテージになります。
帰国後もJICAで勤めている人たちが多いので。

JICAでの経験ではなく、
ビジネス的に活躍できる要素を売り出すことができれば必ず内定は取れるでしょう!

④お肌へのダメージが格段に大きい

灼熱の太陽の下、活動に勤しむ日々を過ごしていると、
肌が紫外線でやられてしまいます。

特に女性は気にするところではないでしょうか・・・

私は、基礎化粧品にはこだわる方なので、
美容液含めて一通り使っていましたが、
やはりダメージは残ってしまいました。

途上国に住んでいなければ、もう少し若く綺麗に見えたかも・・・
なんて思うこともあります。

ここは、気にしないのが1番ですが!

綺麗に見えるかどうかは別の問題として、
肌にダメージが残るのは事実です。

⑤婚期が遅れる・・・かも

もともと結婚していたり、
婚約者がいたり、
JICAでパートナーに巡り会えた場合を除いて、

JICA協力隊に参加することで、
婚期は遅くなる可能性は高まります。

それには理由があって、

  1. 男女とも元々強い意見を持っていながらJICAに参加することでさらに意見が強くなること
  2. 男女とも1人で生きていけるたくましさを身につけられること
  3. 途上国に住んでいたことが相手に引かれることが多いこと
  4. 途上国に住んでいたことで「自分とは違う」と一線を引かれる場合があること
  5. 理想が高くなること
  6. 自分と同じように高い志を持った人がなかなかいないこと

など、
要するにJICAに参加することで自身のクセが強くなるので、
自分を理解しついていける相手が少なくなってしまうのが理由です。

自分を抑えるのも苦しいので、
結婚しないのも1つの幸せだと思います。

私は結婚したいと望んでいたので、
運よく帰国後に気の合うパートナーを見つけられ、
結婚までに至りましたが、
彼も変わった価値観の人間なので
会えたのが奇跡だと感じています。

彼はJICA出身ではありませんが、
そもそも相手に出会うのが難しいとも感じました。

⑥命が危険に晒される場合がある

現実的に見て、日本で生活するよりも途上国で生活するほうが、
病気にもなりやすいし怪我もしやすくなります。

いざ病気になったり怪我をしたときには、
国で1番いい病院であっても環境が整っておらず、
医師がいないため良質な治療を受けることが難しい場合もあります。

一刻を争うような大きな病気や大きな怪我をしてしまった際は、一貫の終わりです。
すぐに病院で適切な治療を受けられていれば、無事だったのに‥‥
という場面もあります。

また、現地の人たちに事件に巻き込まれて、
命の危険に晒されることもあります。

もちろん、大きな病気や大きな怪我をすること、
事件に巻き込まれることは、
JICAに言われたことをきちんと守っていれば遭遇する確率はとても低いです。

しかし、いくら気を付けていても、最悪のケースが起こる確率は0ではないです。

JICAに参加したいのであれば、そのあたりもよく覚えておく必要があるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今現在(20200916)JICA青年海外協力隊は募集を停止しておりますが、
メリットデメリットをよくよく考慮した上で、
納得した上で参加した方が良いと思います。

私はメリットデメリットどちらも知っているので、
いたずらに「行った方がいい!!」と
推奨することはできません。

しかし、面白い世界が見られるのは事実です。
参加してみないと分からないこともたくさんあります。

私自身は参加してみてよかったなと思いますし、周りの参加した人たちもそう答えています。
ただこれは自分の人生を肯定したいから参加してみてよかったと思えているだけかもしれません。

ゆい

たくさんの貴重な経験ができてよかった!

よくよく考えて、後悔のない選択をしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる