WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

日本語教育能力検定試験一発合格法

こんにちは!ゆいです!

2019年に受験した 「日本語教育能力検定試験」

なんと、一発合格しておりました! ぱちぱち。

テキストを購入したのは試験当日の半年前、
それからはなんとなくテキストを眺めたりするものの、
まともな学習期間はおよそ1ヶ月。

くま

期間短すぎん?

ゆい

正しい勉強法で効率よくやれば合格できるよ!

今回は、お金を掛けず、短期間集中形の勉強法を教えます!

目次

参考書問題集は数を絞るべし

参考書や問題集の数を絞るのは鉄則です!
日本語教育能力検定試験に限らず、
試験勉強といえば問題集やら参考書やら買い込む人がいますが、
絶対に参考書問題集は数を絞った方が効率がいい。

受験も同じです。

しかもお金も掛からない。

なぜかというと、
学習は復習にこそ効果が現れるものだから。

できなかったところを何度も何度も復習して、
できるようになる過程こそが学習です。

大切なところに線を引いて覚えたり、
同じ問題(間違った箇所)を何度も解いたりして、
できなかったところをできるようにしましょう。

なお、参考書や問題集は書き込みや調べやすさを考慮して、
電子書籍よりも紙の本の方が学習効率が上がるのでおすすめです。

私は以下の2冊しか使っていません。

① 日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド

②前年度の過去問

この2冊があれば、充分。
紙の本を買いましょう。

紙の本が邪魔になるのが嫌なら、
試験が終わったあとにメルカリで売っちゃえばOKです。

割とすぐに売れます。

 スキマ時間を利用する

1ヶ月となると時間も限られてくるので、
常に完全攻略ガイドもしくはまとめたノートを携帯しておき、
何度も何度もスキマ時間に見る。

意外と、頭に残っているものです。

人間そこまで頭脳の差はないです。
私もすぐに忘れます。
大事なことから忘れていき、スマホを家や職場に置いていくことなんてザラです(汗)

大事なのは、気がついたときに何度も何度も復習すること。
会社の休み時間や移動時、出勤前や出勤後など、時間ができた時はすぐさま復習していました。

私は、完全攻略ガイドが持ち運びに重かったので、ポイントをまとめたノートを持ち運びしてました。

学習はマイペースに行う

学習は自分と向き合う行為にほかなりません。

資格学校に行っている友達などに惑わされることなくマイペースに学習しましょう。
知らないことを言われても気にしない。
独学でもコツコツやっていれば資格は取れます。

上記2冊で合格はできます!

くま

他の人と比べない。

試験を受けることを周りに宣言する

宣言することが、とてもいいプレッシャーとして働いてくれます。

自分の場合は、家族、友人、職場とあらゆるところで宣言し、自分を追い込みました。

絶対に合格しないと・・・!
といいプレッシャーを与えてくれ、
スキマ時間をフルに活用し、
学習も本番も最後までがんばることができました。

特に本番は試験時間が長いので、
最後まで粘り強く頑張る気力を与えてくれます。

くま

最後まで頑張れそう!

一問一答では意味がない!用語の意味を理解する

問題を解いていくにあたり、
一問一答で学習する方法もありますが、
日本語教育能力検定試験に限ってはそれはほとんど意味がありません。

それは過去問を解いてみれば分かります。
用語の意味や使い方なんかを自分で説明できるよう使いこなせるようにならなければ、合格は厳しいです。

私は一問一答の逆バージョンで、用語を見て説明できるように練習していました。
論文でも役立ちます。
おそらくそのほうが実践面でも役立つはず。

まずは完全攻略ガイドの太字部分を押さえ、
それから細字で書いてある部分も抑えた方がいいです。
試験には細字で書いてある部分もかなり出題されますが、
まずは大枠をつかみましょう。

試験前日は睡眠時間を確保する

せっかく頑張ってきたのに、当日に力を発揮出来なければ全てが水の泡となります。

覚えるべきこと、
学習すべきことが今の段階になってたくさん浮かび上がってくるかもしれませんが、
割り切って寝たほうがいいです。

朝早く学習したり、行きの電車の中や試験場、昼休みや休み時間も学習をする時間はあります。
焦っても意味はありません。

深呼吸して落ち着いて望むとベストな結果が出ます。

余談ですが、本番のお昼休憩中にコーヒーを飲むのはあまりおすすめしません。

試験時間が長いので、
試験中私はトイレが近くなりました。

我慢できなくなり、
集中力も落ちて、
途中で抜けてトイレに行きました。

とても恥ずかしかったです・・・。

まとめ

私はまともに学習したのは1ヶ月で、会社にフルで行きながらでした、日本語教育能力検定試験をファーストにして、かなり集中力して試験に臨みました。
その間、少し仕事やプライベートが疎かになってしまったかもしれないし、メンタル的にキツい部分もありました。

そして、合格も自己採点する限りぎりぎりだったので、
結果通知を待つ日々をまだかまだかと思いながら、
「過去 合格最低点」とGoogle検索しながら、
安心と不安を抱えて、
ドキドキして過ごしました。

1ヶ月という短い時期でしたが、無事に合格できました。
合格通知が来た時は飛び跳ねるほど嬉しかったです!

この期間も余裕を持って過ごしたい人はもう少し前から学習を始めることをおすすめします。

何はともあれ結果オーライなので、今ではいい思い出ですが・・・。

ゆい

遅くとも3ヶ月前に勉強に取り掛かれれば安心♪

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる