WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

日本語教育能力検定試験 2019年度 独学で一発合格?解答速報

こんにちは!ゆいです!

2019年度の日本語教育能力試験を受験しました。

解答速報で自己採点。
こちらから見られます。
解答速報はこちら

自己採点して、例年の合格点と自分の点数を比較してみると、合格率は五分五分。
マークだけで160あれば例年合格のようです。(私は奇しくも155点でした)
ちなみに、2018年度 合格最低点はマークと記述を合わせて、推定165点でした。

日本語教師合格点数
日本語教育能力検定試験合格最低点推移
日本語教師点数
日本語教師試験年度別マーク点数と推定合格率

ここからは学習方法を書きます。

今回、学習にかけた時間はおよそ1ヶ月です。
私は社会人なので、帰宅後と出発前に勉強しました。
8時間は寝ないと次の日がしんどいので、1日あたり学習したのは平日は2時間、休日は6時間くらいだと思います。

使った参考書と問題集は2冊です。
集中してやろうと決めました。

目次

① 日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版

まずはこれ。

これさえ読んで押さえておけば、他の参考書はなくても合格点は採れます。
お金も時間もできるだけかけないでいかに勉強するかを考えた方がいいと思います。

これをやっておけば、
満点は無理ですが、
十分にテストの内容を網羅しているので、
太字に限らず隅々まで覚えておくと合格ラインにいきます。
(私は主に太字のところしか見ていなかったのでギリギリの点数になりました)

②  平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験問題

2冊目は過去問です。出題形式を知っておくのは非常に重要です。

正直に言うと、私は過去問を開くまで、試験をなめていました‥‥
過去問を解いてみると、思った以上に難しかったのです。

初めて過去問を解いた時の点数は60%ぎりぎり行かないくらいだったと思います。
そのときに学習に火がつきました。
しかし、もう少し早めに過去問を解いておくべきだったと思います。

◎おまけ

当日にアルクさんなどが試験会場でビラを配っており、そのビラに載っている問題が試験に出ました。
参考書では全く見ていなかった箇所だったので、ビラを受け取って読んでいてラッキーでした。

勉強法まとめ

①の参考書をメインに学習し、過去問を前年度の過去問を何度か解き直しました。

参考書の内容で気になるところは、ノートにまとめたりもしました。
また、参考書の中に一問一答形式の問題があるのですが、そこは繰り返し解きました。
単語をみて、こういうことかな?となんとなく頭の中で説明できるようにしたりしました。

音声問題は、発音方法や間違えやすい発音などを覚え、
イントネーションなどは何度かCDを聴いて聴き分けられるように練習しました。
何度聞いてもやっぱりよく分からない問題は、諦めて捨てました。

論文はほとんど対策しておりません‥‥
書き方を何度か見直したくらいでしょうか。
自分で何度か問題を解いて、自己採点してみてもよかったかもしれません。

結果が楽しみです!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる