WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

おっさんずラブに学ぶ恋愛で大切にしたい考え方

こんにちは!ゆいです!

昨日は、夜更かしをしてドラマ『おっさんずラブ』を全話観てしまいました。
面白いと騒がれていますが、それだけに面白かった・・・!

笑いあり、涙ありでした!

おっさんずラブ』は、2016年12月31日0時40分から1時40分(30日深夜)に
テレビ朝日系で『年の瀬 変愛ドラマ第3夜』として単発放送されたテレビドラマ
および2018年4月21日から6月2日まで、
毎週土曜日23時15分から翌0時5分の同じくテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠で連続ドラマとして放送された
テレビドラマである
まったくモテない33歳の春田創一は、
会社の上司である黒澤武蔵と後輩(単発版では長谷川幸也、連続版では牧凌太)の2人の同性に告白される。
困惑しながらもピュアな恋心を持つ男たちの存在がいつしか春田の心を大きく揺さぶることになる。

Wikipedelia-おっさんずラブより

今回は、おっさんずラブから感じた恋愛の本質について、記事にしていきます。

目次

好きになるのに、条件なんか関係ない

おっさんずラブは、同性同士の恋愛模様を描いた作品です。

主人公は、今まで異性を好きになると思っていましたが、
もしかしたら同居している同性の友人が好きかも・・・と疑い始め、葛藤します。

自分が今まで当たり前のように異性が好きだと思っていたのに、
実は違かった‥と思うと葛藤してしまいますよね。

しかし、どうして好きになるのは異性でないといけないんでしょうか?

ゆい

改めて考えると難しい‥‥。

また、年の差の恋愛についても同じです。
どうして大きな年の差があってはいけないんでしょうか?

さらに、どうして既婚者との恋愛はだめなんでしょうか?

世間の目?
恥ずかしいから?
親に申し訳ないから?
相手に悪いから?
気持ち悪いから?
マイノリティーだから?

宗教的な面もあるかもしれません。
色々な要因はあると思います。

ですが、これらの要因は全て他人の価値観を軸にしたもの。

絶対的な価値観ではありません。

あまり囚われる必要もないんじゃないかなぁと思います。

私には、恋愛面で色んな趣向の友人がいます。
彼ら彼女らは、性格もよく、仕事ができて、人として素晴らしい人たちです。

彼らの恋愛相談に乗ったことがありますが、恋愛しづらいとのこと。
親に申し訳なく思い、
多くの多数派の人たちに嫌われることを
恐れている印象が強いです。

日本は、特にそのあたりの既成概念が強く、
自分とは違う価値観に嫌悪感を持つ人が多い気がします。
多くの人々や社会も恋愛に関して、寛容になればいいのにと心から思います。

多数派の人たちもイタズラに他人を判断したり
評価しようとしたりすると
そのことでしんどくなったりしますからね。

世間の恋愛観とずれている恋愛をしている自分も周りの人も評価せずに、認めてあげて、許してあげましょう!!!

ゆい

人は人、自分は自分!

素直になることが大切

恋愛もそうですけど、
人間関係や仕事では素直になることが大切です。

「自分の本当の気持ちは?」

「自分がどうしたいのか?」

「自分は行動できているか?」

に向き合うことが本当に大切だと思います。

ここに目を背け続けているといつかは大爆発してしまいますからね。

自分の本当の気持ちに気づくのは時間がかかる場合もありますが、
焦らずにじっくり向き合うのを恐れることなく、
逃げないことが大切です。

それは、自分にも、相手にも誠実な行為です。

そして、自分の気持ちを相手に言葉にして伝えているか?

身近な人になら尚更、
「言わなくても分かって」
「なんで分からないの」
とどうしても思ってしまいますよね。

しかし、それは相手に甘え過ぎている証拠です。

たとえいくら親しくても、相手は他人。

言葉にして伝えないと伝わるはずがないのです。
自分と同じ考えの人なんていないのですから。
言葉にして気持ちを伝える努力はしないといけないと思いました。

たとえば、好きでもない相手から好意を示された時に、
優しさから曖昧な態度を取ることは、優しさでもなんでもありません。

主人公の態度はよくないですね〜。

逆に相手を深く傷つけてしまいます。
それは自分が「いい奴」でありたいだけで、
誠実な人でありたいなら
自分や相手を傷つけたくないのなら、
相手に素直な気持ちを伝える必要があります。

素直になって、いいんですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の気持ちに素直に、誠実に、相手と向き合えば、
たとえその恋愛が成就しなかったとしても、
ハッピーな結末が待っています。

人としてかっこよくありたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる