ノーコード/ローコードWeb制作⁡が学べる豪華6大特典配布中 CLICK!

【100冊以上読破】現役Webデザイナー厳選!独学にオススメのデザイン本|カテゴリー別&レベル別

【100冊以上読破】現役Webデザイナー厳選!独学にオススメのデザイン本|カテゴリー別&レベル別

こんにちは!ゆいです!

今回は、独学にオススメのデザイン本を厳選してご紹介します。

くま

デザイン本、ありすぎてどれがいいか分かんないよ〜!

という方の参考になれば嬉しいです!

この記事が役立つのはこんな人

  • デザインを独学で学びたい人
  • デザイナーを目指している人
  • デザイナーとして活動している人
  • デザイナーじゃないけど、資料や広告などを作成する必要がある人
  • デザインに興味がある人
  • 仕事で上司に評価されたい人

今やデザインはデザイナーのためのものだけではなく、全ての社会人の方の一般教養となりつつあります。

デザインを学ぶことで仕事で評価されること間違いなし!

ゆい

書籍を通してデザインを学んだことで、ノンデザイナー時代も、作成したビラや資料、SNSのデザインなんかを上司や同僚に評価されたよ!

くま

デザイン力が上がることで売上や仕事の成果が上がるよね
それならデザインを学びたい!

目次

デザイン本を選ぶときの注意点

1. デザイン本は自分のレベルに合わせて選ぶ

デザイン本は自分のレベルに合ったものを選びましょう。

未経験・初心者なら分かりやすくて、基礎から丁寧に解説されているものをオススメします。

未経験者・初心者が、いきなり中・上級者の本を読んでしまうと、「デザインって思ってたより堅苦しくて面白くない!」「デザインって難しい!」となってしまい、デザインへの興味が薄れてしまい、挫折してしまうことも。

まわり道に見えたとしても、自分のレベルに合った本を選んだほうが、結果的に早くデザインの知識が身につき、デザインも上達します。

くま

プライドは捨てよう!

デザイン本には、カラーで印刷されている本や図解などが入った本も多いので、そういった本は分かりやすくてオススメです。

くま

紹介している本を全部読むのは大変・・・

ゆい

初心者の人は、「紹介されている本全部読む!」というのではなく、「これなら分かりやすい!読みやすい!」という本を選んで読んでみてください

ゆい

デザイン本の中には、切り口が異なるだけで内容が被っているものもあります

くま

紹介されてるもの全部は読まなくていいんだ!
安心・・・(経済的にも)

ゆい

私はよく購入前に本屋さんで立ち読みしていて、「コレ読みたい!」というものを購入するようにしてるよ!

この記事ではそれぞれの本を下記のように分類しました。

  • 未経験:デザインを学んだことがない
  • 初級:デザインを学び始めた
  • 初中級:デザインの基礎はサラッと押さえている
  • 中級:デザインの基礎は大体押さえている
ゆい

分類は目安なので、「興味がある!」と思った本を選んでみてください

2. デザインに必要な知識やスキルを事前に把握しておく

一口にデザインスキルといっても、デザインスキルには細かくいろいろなものが含まれています。

それらを把握しておくと、自分に必要な知識やスキルが何なのか、より詳細に分かってきます。

そうすると、自分にとって必要な本が分かり、学習効率も上がります。

デザインに必要な知識やスキルを細かく分けると、以下のようなものがあります。

デザインに必要な知識やスキル

  • デザインの理論・デザイン基礎
  • レイアウト
  • 色・配色
  • フォント
  • デザインソフト
  • Webデザイン
  • コーディング
  • WordPress
  • UI/UXデザイン
  • ロゴデザイン
  • デザインの心理学

3. デザイン本はジャンル別で選ぶ

デザインに必要な知識やスキルを把握したら、デザイン本をジャンル別で選びましょう。

未経験・初心者の場合は、デザインの理論・デザイン基礎から学ぶのがオススメです。
その際は、デザイン知識が網羅されたものを選ぶとよいでしょう。

ゆい

理由は、本を眺めているだけでも楽しめるからです!

デザイン知識が網羅されたものを読んだあとは、各スキル別に何冊か購入して、読んでみましょう。

一つひとつのスキルに特化した本は、理論や事例などが細かいところまで解説されているため、デザイン知識が網羅されている本よりも、専門性が高いです。

また、デザイン本は大きく、

  • 理論や操作が解説されている本(理論本・マニュアル)
  • 事例集や辞書のような本(事例集・辞書)
  • 練習帳のような本(ドリル)

に分けられます。

まずはデザイン理論が解説されている本(理論本・マニュアル)を読んで、デザイン理論を押さえましょう。

デザイン本は紙がオススメ!

オススメのデザイン本
オススメのデザイン本(まだまだあります!)

デザインはネットでも学べますが、本で学ぶことをオススメします。

なぜなら、本だと体系的に情報をまとめてくれており、電子機器と比べてパッと全体が見えやすく、雑誌感覚で眺められたりするからです。

ゆい

本で、デザインを体系的に学んで、ネットで補足知識を補うイメージです

また、デザインの事例が多いものは、kindleなどの電子書籍版よりも紙媒体のほうがオススメです。

くま

kindleだと白黒になっちゃうからね

ゆい

デザインの事例がほとんどなく、解説が多いものはkindleで購入してるよ!

ここからオススメのデザイン本を紹介します!

デザイン理論や基礎を学ぶ

デザインを学びたいなら、まずはデザイン理論や基礎を学ぶことがとても大切!

「デザイナーじゃないからデザインをざっと学びたい!」「デザイナーに興味がある!」という方はここの項目の【未経験】や【初級】向けの本だけでもOKです。

ゆい

デザイン理論や基礎の中級向けの本を読むなら、ジャンル別の本を読んでからでよくて、最後に読むことをオススメします

ゆい

とはいえ、「気になったタイミングで読んでみる」ことを優先させてくださいね!

①【未経験】なるほどデザイン

理論本・マニュアル

デザインとはなんぞや?ということを配置や色や文字などに関してひと通り学べる本。
本にあるデザインを眺めているだけでも面白く、アイデアが降りてくることもあります。

ゆい

私は休憩時間中に眺めて、色とりどりで楽しいデザインにワクワクしてるよ♪

くま

ちょっとパソコンやデジタル機器から離れたいなぁ〜
と思うときにもいいよね♪

ゆい

まずはこの本を読んでみてね!

②【初級】ノンデザイナーズ・デザインブック

理論本・マニュアル

デザインは芸術でセンスが必要なものなんでしょうか?
いいえ、デザインとは知識であり、技術なんです。

こちらの本はデザインの基本的な4原則について詳しく説明してくれています。

ゆい

昔からある、デザインの定番本です!

ゆい

「なるほどデザイン」を読んだ後に、もっとデザイン力を磨きたいと思ったら次に読んでみてね!

③【初級】誰も教えてくれないデザインの基本

理論本・マニュアル

デザインにおける基本や面白さが詰まった1冊。

レイアウト、色や文字選び、写真やイラストの使い方から、印刷物に使う紙の選び方など、内容が幅広く網羅されていて、とても面白いです。

Webデザインというよりは、DTP寄りの内容です。

ゆい

デザイナーなら手元に置いておきたくなる本の一つです!

④【初級】デザイン入門教室

理論本・マニュアル

デザインの基礎知識をとにかく一冊で学びたいのであれば、この本で問題ないです!

教科書的な一冊で、内容量が豊富なのに、他の本と価格もあまり変わりません。

この本一冊でレイアウト、写真と画像、配色、文字と書体、文章、インフォグラフィックなど、デザイン全般を取り扱っています。

ゆい

高校生のときに使っていた、山川出版の「詳説世界史B」のような一冊です

⑤【初級】デザイン力の基本

理論本・マニュアル

「デザインの基本をもっと学びたい!」

という方にはこちらの本がオススメ。

「ノンデザイナーズ・デザインブック」から更に踏み込んだ内容になっています。

くま

ノンデザイナーズ・デザインブック」は定番だし事例も多いので、まずは「ノンデザイナーズ・デザインブック」をオススメするよ。


こちらの本では、よくやりがちなダメパターンが分かり、プロのデザイナーの原理原則が学べます。

ゆい

デザイナーとして活動している私もこの本を読み返してみて学べることがたくさんあったよ!

⑥【未経験】デザイナーじゃないのに!

理論本・マニュアル

ほとんどが漫画で構成されているので、かなり気軽に読めます!

しかし、基本のデザイン理論などの情報は、分かりやすく網羅されています。

こちらの本はモノクロではなくカラーの本ですが、漫画や文章で構成されているので、電子書籍でも問題ありません。

⑦【未経験】とりあえず、素人っぽく見えないデザインのコツを教えてください!

理論本・マニュアル

ほとんど文字がなく、図解で説明してくれているので気楽に読めます。

でもデザイン基礎のポイントは押さえてくれているので、「文字は極力読みたくないけど、デザインのポイントは押さえたい!」という人にオススメ。

⑧【中級】勝てるデザイン

理論本・マニュアル

ゆい

デザインの基礎を身につけた後で、さらにデザインを磨きたいと思っている人にオススメ!

くま

実務に関わっている段階で読んでもいいね!

この本はデザインのハウツー本ではなく、デザインのマインドセットや思考法の本です。

「伝わるデザインとは何か?」「選ばれるためのデザインとは何か?」について詳しく解説しており、デザイナーでなくてもビジネスパーソンなら目から鱗が落ちること間違いなし。

こちらの本はkindle版での購入でも問題ありません。

⑨【中級】アートディレクションの「型」。:デザインを伝わるものにする30のルール

理論本・マニュアル

ゆい

デザイナー経験者向きの本です!

アートディレクションに必要な考えを紹介してくれています。

具体的な経験談が多く、考え方についてとても分かりやすく書いてくれています。

こちらもkindle版で問題ありません。

レイアウトを学ぶ

①【初級】レイアウト基本の「き」

理論本・マニュアル

レイアウトを論理的に把握したい人にはこの本がオススメ!

文章だけの解説ではなく、イラストや図解なども多く配置されているので、レイアウトの学習がはかどります。

②【初級】伝わるデザインの基本

理論本・マニュアル

ノンデザイナー向けの本で、伝わるデザインって何?という観点から、デザインを学べます。

これ1冊読むと、「伝わる企画書」が作れるようになります。

ゆい

デザイナーだけでなく、全てのビジネスパーソンに読んでほしい一冊!

③【初級】レイアウトデザイン見本帳 

理論本・マニュアル

デザインの見た目だけの解説だけでなく、見る人に与える心理的な効果や、なぜそうするのかといった理由なども詳しく説明してくれているレイアウトデザイン本です。

レイアウトの考え方が分かるので、応用が効きやすくなります。

ゆい

中級者の人にもオススメです

④【中級】レイアウト・デザインの教科書

理論本・マニュアル

少し文字が多めなのですが、レイアウトを学ぼうと思ったらぜひ読んでおきたい一冊!

レイアウトの基本ルールから応用ルールまで、豊富な実例と一緒に詳しく解説してくれています。

⑤【初級】けっきょく、よはく。

事例集・辞書

情報を詰め込んでごちゃごちゃしてしまう。。
なんてときは、余白を取ることでグッと洗練されたデザインに。

OK/NGデザインや「改善前/改善後」デザイン事例が多数あって分かりやすいです。

ゆい

余白って大事!
この本を読むと、余白を取ることが怖くなくなるよ!

色を学ぶ

①【初級】やさしい配色の教科書

理論本・マニュアル

配色を学び始めるならまずはコレ。

「まずこれだけ初学者の方は覚えておけば大丈夫!」という最低限の「色のルール」だけに限定し、わかりやすく優しく解説してくれています。

②【初中級】配色アイデア手帖

事例集・辞書

一家に一冊置いておきたい配色アイデア手帖!
イメージを色に落とし込むヒントがたくさん詰まっています。

また配色例が多数あるのでそのまま使うこともできる。
色コードも掲載されているので、実践的に使えます。

シリーズがいくつか出ているので、それらもオススメです。

ゆい

手が届く位置に置いておきたい!

③【初級】3色だけでセンスのいい色

事例集・辞書

くま

配色の事例集は「配色アイデア手帖」だけで充分じゃない?

ゆい

配色事例をそのまま使いたい!というときは、「配色アイデア手帖」は配色事例が多くて絞るのが大変。
「3色だけでセンスのいい色」に掲載されてる配色は情報をギュッと絞ってくれてるから使いやすいよ。

くま

なるほど!
配色に迷わなくていいね!

ゆい

・「配色アイデア帖」は配色アイデアを広げて自分で配色を考える
・「3色だけでセンスのいい色」はそのまま配色が使える
と使い分けができるから両方オススメ!

配色は以下の割合で3色に絞ると、うま〜くまとまります!

配色割合
creive(クリーブ)から引用
(https://creive.me/archives/8680/)

色の使いすぎはごちゃごちゃして、逆に美しくなくなってしまうので、3色にまとめるのはオススメです!

④【初級】いろいろな、いろ。

事例集・辞書

「けっきょく、よはく。」と同シリーズの色バージョンです。

こちらも、OK/NGデザインや「改善前/改善後」デザイン事例が多数あって分かりやすいです。

ゆい

ingectar‐eさんの本はハズレがほとんどないです

⑤【初中級】配色デザイン良質見本帳

理論本・マニュアル

プロのデザイナーが作成したデザインが合計300点以上掲載されています。

しかも、色相、明度、彩度、トーン、色数値、面積比など、配色を構成しているパーツまで分解して解説されているので、色の理論が腑に落ち、自分でも配色することができるようになります。

ゆい

色を理論で解説してくれている貴重な本です!

⑥【中級】配色デザイン見本帳

理論本・マニュアル

配色の基礎と考え方がわかりやすく解説されていて、特に色の組み合わせの注意点や参考カラーチャートなどが非常に役に立ちます。

ゆい

プロのデザイナーはこの本を手元に置いている場合が多いです!

残念ながらこの本は絶版となっているようで、新品はなかなか見つけられませんが、中古なら購入できます。

⑦【初中級】色彩検定本

理論本・マニュアル

もし、「もっと色について知りたい!」と色に興味が出てきたら、色彩検定を受けてみるのもいいですね。

ゆい

私はテキストと問題集が一体になったものがよかったので、こちらのシリーズを購入しました。

公式テキストもあります

色彩検定は、文部科学省後援とされており、生涯学習の一環としても評価が高いです。

色について理解が深まると、仕事だけではなく、

  • ファッション
  • メイク
  • インテリア

など、生活に役立たせることもできるので、毎日が楽しくなりますよ!

⑧【初中級】色辞典

事例集・辞書

色辞典の中で、1番たくさんの色が掲載されていたので、こちらを購入しました。

「こんなにたくさんの色があるんだ!」と発見ができて楽しいですよ。

フォントを学ぶ

①【初級】ほんとに、フォント。

事例集・辞書

フォントの知識を深める専門書は数あれど、
「結局、どのフォントをどう使えばいいの?」
に答えてくれるものはあまりありません。

フォントが変わればデザインは間違いなく、変わります。

フォントのセンスを磨くための、「OK/NGデザイン」や「改善前/改善後デザイン」などの事例がたくさんあるので、実用的です。

②【中級】タイポグラフィの基本ルール

理論本・マニュアル

タイポグラフィをしっかり学ぶなら、この一冊でOKです。

ここまでかと思うくらい詳しく解説しているので、びっくりするほど文字に関しての知識がつきます。

紙の本が絶版になっていてあまり出回っておらず、新品は手に入りにくいですが、中古なら購入できます。

電子書籍であれば、出ているので電子書籍でカラーで読むのもアリです。

それくらい価値があります。

あしらいを学ぶ

①【初級】あたらしい、あしらい。

事例集・辞書

デザインで言う「あしらい」とは、「装飾」や「ディテール」のこと。

ゆい

美しいデザインは細部に宿る・・・!

たかがあしらい、されどあしらい。
「あしらい」がキレイなデザインは全体が洗練されて見えますよ!

デザインソフトを学ぶ

正直、デザインソフトは本から学ぶよりも、手を動かしながら必要な操作をAdobeラーニングなどの動画から学ぶことをオススメしますが、手元に置いておくなら‥という観点でご紹介します。

ゆい

本でガッツリ学ぶというよりも、困ったときの辞書がわりとして手元に置いておくのはアリです!

ゆい

私も手元に置いています

①【初級】Photoshop・Illustratorしっかり入門

理論本・マニュアル

教科書的な2冊で、この2冊さえあればソフトが使いこなせるようになります。

初めてソフトを使う場合でも、分かりやすく解説されており、ソフトで行える操作やテクニックのすべてが分かります。

②【初中級】Photoshop・Illustrator 逆引きデザイン事典

事例集・辞書

実際に手を動かしてバナーなどを作成していく中で、「あれってどうやるんだっけ・・・」となるのはよくあること。

本書では、「〜がしたい」という疑問点から逆引きで索引できるのが便利なところ。

ゆい

①の教科書的な2冊と、逆引き辞典があれば、ソフトの操作方法で困ることはほぼありません

Webデザインを学ぶ

Webデザインも本から学ぶよりも、手を動かしながら、オンライン上の教材で学ぶことをオススメします。

オススメはProgateです。

とはいえ、本で学びたいという人もいらっしゃるかと思うので、Webデザインを本で学ぶならコレ!というものをご紹介します。

①【初級】1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

理論本・マニュアル

Webデザインの入門書といえばコレ!

知識0でサイトを作ったことがなくても、読んで手を動かすと、1サイト作れるようになります。

サイト制作のテクニックやトレンドも押さえてくれています。

ゆい

実際に手を動かしながらサイトを作ってみると、知識だけでなく、スキルが身につきますよ!

②【初中級】ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座

理論本・マニュアル

「1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座」の応用編です。

装飾やアニメーションを体系的にもっと学びたい人にオススメです。

デザイン事例集から学ぶ

①【初級】デザインのミカタ

理論本・マニュアル

事例集ではありますが、「デザインをどう見て、分析したらいいのか?」も解説してくれている本。

考えながら、本書のデザイン事例を見ることによって、無限の「ひきだし」と「センス」を手に入れることができます。

ゆい

モノの見方が変わるきっかけを与えてくれる本になるかもしれません

②【初中級】やってはいけないデザイン

事例集・辞書

ダサくて分かりづらいデザインが作れるポイントが分かります。

つまりそのポイントを避けて改善すれば、デザインがよくなるということ!

事例とデザインのポイントの解説がセットになっており、とても分かりやすいです。

改良されたデザイン例を見る前に、なぜ悪いのか?どうしたら良くなるか?を考えると実践力も身につきます!

③【初中級】失敗しないデザイン

事例集・辞書

「やってはいけないデザイン」シリーズの本で、こちらはダサいデザイン制作物を元に、「どうやったら全体的によくなるのか?」を分かりやすくポイントで解説してくれます。

こちらもぜひ、改良されたデザイン例を見る前に、なぜ悪いのか?どうしたら良くなるか?を考えてみましょう!

④【初中級】おかたいデザイン

事例集・辞書

どうしてもダサくなりがちな、企業や官公庁の社内文書、プレゼンスライド、チラシなどが、「どうしたら信頼感を保ちつつ、分かりやすいものになるのか?」のポイントを教えてくれます。

こちらも「やってはいけないデザイン」シリーズの本です。

ぜひ、改良されたデザイン例を見る前に、なぜ悪いのか?どうしたら良くなるか?を考えてみましょう!

⑤【初中級】イメージをパッと形に変えるデザイン大全

事例集・辞書

デザインのアイデア帖といえばこの一冊。

ロゴ、チラシ、ホームページまで、様々なデザインが掲載されていて、しかも全てレベルが高いデザインばかりなので、見るだけでデザインの引き出しが増えます。

ゆい

デザイナーなら手元に置いておきたい一冊!

⑥【初中級】大人女子デザイン

事例集・辞書

ターゲットが女性向けのデザインをしたい!と思ったときに役立つのがこちらのデザイン集。
女心をくすぐる、センスがよくて、かわいいデザインが満載。

ゆい

眺めているだけでハッピーになれちゃいます♪

物やサービスを購入する決定権を持つのは、実は女性が多いのではないでしょうか?

女性向けデザインを攻略することは、男性にもきっと役立つはずです。

くま

「愛する妻や彼女にプレゼントしたい」
「家庭の管理は妻に任せている」
ということは多いはず。

ゆい

女心をくすぐるデザインが盛りだくさん!

くま

女心が分かると、モテる・・・
なんて副産物もついてきそう!

ゆい

女心を理解してくれる男性は素敵だよね!

⑦【初中級】Webデザイン良質見本帳

事例集・辞書

Webデザインの事例集です。

良質なWebデザインばかりで、事例から学ぶにも、アイデア出しにも、間違いない一冊です。

ゆい

手元に置いておきたい一冊!

⑧【中級】コンバージョンを上げるWebデザイン改善集

事例集・辞書

「Webサイトのコンバージョンをどうやって上げるか?」のリアルな改善事例がたくさん紹介されているので、「サイトのどこを改善したらいいのか?」の参考になります。

ゆい

デザイン自体を学ぶというよりも、Webマーケティング寄りの内容になるので、中級以上の人にオススメです!

⑨【中級】2万回のA/Bテストからわかった 支持されるWebデザイン事例集

事例集・辞書

こちらも、「Webサイトの目的をどうやって達成するか?」のリアルな改善事例がたくさん紹介されているので、「サイトのどこを改善したらいいのか?」の参考になります。

実際に支持された案と支持されなかった案が豊富に掲載されているので、正解を見る前に、

「どちらが支持されたか?」
「なぜ支持された?なぜ支持されなかったのか?」

を考えて読み進めると、目標が達成できるWebデザインを作成するコツが掴めてきます。

実践で学ぶ

ゆい

ある程度知識を身につけたら、実践で学びましょう!

①【初中級】デザインのドリル

ドリル

デザイン書を読んで、コツがわかっても、いざ「デザインしてみよう!」となると、全然ステキなデザインができないもの。

ゆい

デザインが上手くなるには、経験を積み重ねることがどうしても大切・・・

トレースや模写を行うと、デザインを見るだけではわからない「何か」が見えてきます。

トレースや模写をしようと思うと、見本や素材を探すことから始まりますが、この本では素材を全てダウンロードできるので、トレースや模写へのハードルもグッと下がります。

また解説もあるので、自分で題材を見つけてトレースや模写をするよりも、効率よくデザインのコツが身につきますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「デザインを独学で学びたい!」という人はそう思えたときが学びどき!
本を眺めるだけでもあなたのデザイン力はアップします。

この機会にぜひデザイン力を高めちゃいましょう!

ビジネスや副業・起業に関するご相談を承ります

1. 60分単発コンサル

事業相談、サイト制作方法、集客など、どんなご相談でもOKです。
60分間の個人セッションの中で、あなたの目的やお悩みごとに今やるべきことや解決につながる行動を一緒に導き出します。
困ったときや行き詰まったときなどにお気軽にご利用ください。

60分単発コンサルの詳細はこちら

2. ノーコード / ローコードWeb制作 完全マスターコーチング

WebデザイナーとしてWeb制作で副業・起業したい方に向けての個別コーチングです。
ご案内は公式LINEで行なっています。
【公式LINE登録者限定】今なら有料級6大プレゼントを配布中。

  • 「案件が獲得できるようになるためのスキルを身につける、超具体的な学習ロードマップ」
  • 「6つのサイト制作ツールのメリット・デメリットをわかりやすく比較したスライド」
  • 59枚の「Web制作に必須の画像素材サイトの紹介スライド」
  • 42枚の「知らないとヤバい!ビジネスマナー35選のスライド」
  • 学習に挫折しないための助けになる!「自分振り返りワークシート」
  • 無料個別相談

LINEお友達追加はこちら

3. ホームページ制作・リニューアル

訴求力が高いホームページを制作し、売上アップや採用効果アップ、ブランド力の向上など事業の活性化に繋げます。

アクセス解析などの数値やデータなどの分析に加え、女性ならではの感性と直感力を活かしたご提案や、女性向けデザインが得意です。

【100冊以上読破】現役Webデザイナー厳選!独学にオススメのデザイン本|カテゴリー別&レベル別

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEBクリエイターand心と教育の専門家。
がんばるママさんを応援したい!
夫と2人暮らし。
トトロ、犬猫、自然が好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次