WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

パーソナルカラー診断・骨格診断・顔診断のトータル診断に行ってきた話

こんにちは!ゆいです!

くま

自分に似合うものが知りたい!

先日、パーソナルカラー診断・骨格診断・顔診断のトータル診断に行ってきた体験談をお伝えします。
東京都品川区にある「スタイルラボ Style Labo」代表の中野万由子さんに診断をお願いしました。

結論としては、本当に診断を受けてよかった!です。

私は投資だと思って、お金を掛けてでもプロの方に診断してもらうことを推奨します。

特に下記のような方には、女性、男性に関わらずぜひ受けてもらいたいです。

  1. 相手にいい印象を与えたい方(ビジネスでも婚活などでも)
  2. これ以上ファッションやおしゃれに関して悩みたくない方
  3. 美容院で失敗したくない方
  4. 着ない服や使わないコスメなどをこれ以上買ってしまいたくない方
  5. 断捨離をして部屋をスッキリさせたい方

お値段は3〜5万円代が相場ですが、お値段と同等もしくは以上の価値があります。

高いですが価値はあります。

では、これからトータル診断を受けようと思った理由、受けてよかったこと、トータル診断結果をお伝えします。

目次

トータル診断を受けようと思った理由

ズバリ、「自分の似合うもの」が知りたかったから

自分に似合うものを知っておくとビジネスでも恋愛でも得をするシーンが多いです。

診断を受ける前にも自分の似合う服や髪型などが知りたくて、
ネットで調べたり、本を読んだりしてそれなりに知識はありました。
しかし、自己診断や友達に意見を求めても、納得感のある診断ができませんでした。

それなら!と思い、カラーアナリストのいる美容院にパーソナルカラー診断をお願いしたりもしました。
某デパートで行なっている骨格診断を受けたりもしました。
ココナラでオンラインで顔診断を受けたこともあります。
オルビスアプリを使ったパーソナルカラー診断と顔診断ももちろん試してみました。

しかし、納得感が得られなかったのです。

カラーアナリストがいると謳っている美容院では、
パーソナルカラーの1stシーズン・2ndシーズンを教えてもらいました。
それは自分でもしっくりきました。

でも、似合うシーズンの色の中でもしっくりこない色があったので、
もっと詳しく似合う色について知りたくなりました。

ちなみにカラーアナリストがいる美容院の中でも
そこまでカラー診断に重点を置いていなかったり、
経験の浅い美容師さんには間違った判断をされることもあります。
(後ほど記述しますが、オータム要素0の私がオータムと診断されました)

某デパートで受けた骨格診断では、
2つのタイプで迷われて最終的に1つ出してもらいましたが、
どうにもしっくりきませんでした。

オンラインで受けた顔診断でも、なんとなくしっくりきませんでした。
調べたところによると、写真の取り方(角度など)で診断が変わるようなので、一抹の不安が残りました。

オルビスアプリを使った診断は、信頼性というところで微妙でした。

ここまできたら、「似合う」にこだわりたい私は、やはり納得感のある診断結果がほしいという気持ちになりました。

診断を受けるならトータル診断がおすすめ

自分の「似合う」を知るためには、パーソナルカラー診断骨格診断顔タイプ診断があります。
これらを別々に受けるよりも、
トータルで全部一気に診断してもらったほうが総合的に見たときに「自分に似合うもの」を見つけやすくなります。

似合わせ考え方
「似合う」を左右する4つのポイント

プロの方によるトータル診断を受けたことで、「で結局何が似合うの?」の疑問が解消されました。
例えば私の場合は、カジュアルテイストが似合うけれど、素材は高級感がいい・・・ってなんやねん?
みたいな疑問が解消されました。

スタイルラボ Style Laboさんを選んだ理由

まずトータルで見たときのアドバイスがもらえるところを探していました。
そして納得感が得られるところを探していました。
そのためには、機械的ではなく質問のやりとりにも応えてくれるところがいいなと思っていました。

代表の中野先生はブログでも丁寧で好印象だったので、
私のわがままにも付き合ってくださるかなと思いました。
実際に、双方向のやりとりをとても大切にしてくださる先生で、
1つ1つの疑問が解消され、
すっきりとすることができました。

時間も長めに3時間取って説明してくれました。
先生自身も上品で綺麗な方でした。
診断に関しては、プロフェッショナルの情熱を感じられたので、安心してお任せすることができました。

パーソナルカラー診断に関しては、
単に4つのシーズンに分けるだけではなく1stシーズン、2ndシーズンはもちろん、その中でも似合う色を教えて欲しいと思っていました。
特に似合う10色前後の診断もしてくれるというのがいいなと思いました。

また中野先生は、色彩検定の講師もされているので、色については詳しいだろうなと考えました。

顔診断に関しては、8タイプに分類されるものがいいなと思っていました。

また、診断後に2週間のメールサポートもあるというところも魅力的でした。
色々なサロンを探しましたが、なかなか診断後のサポートまでしてくれるところはなかったです。
私のように診断後にあれこれ疑問が湧いてしまうような人にはありがたかったです。

そして予約のしかたの分かりやすさと予約のしやすさもよかったです。
中には、抽選式でいつまでに抽選開始日をtwitterで発表するというところもありました。
私は素直にtwitterで確認するのはめんどくさいと感じてしまいました。
その点、予約が取れる日がHPで分かったのはよかったです。

スタイルラボ Style Laboのホームページはこちら

トータル診断を受けてよかったこと

トータル診断を受けて、自分の似合うファッションや小物、髪型、相手からの印象などを知ることができました。

1番よかったことは、時間とお金を有効に使えるようになったことです。

トータル診断を受けたことにより、

  • 自分の似合うものが何か悩まなくなり、似合うものが何なのかに関して、似合うものに関して大幅に悩む時間を節約することができるようになったこと。
  •  服や小物など、判断基準ができたので、買い物がしやすくなり、買い物が楽しくなったこと。買い物にそこまで時間を費やすことがなくなり、時間を有効に使えるようになったこと。
  • 判断基準ができたので、断捨離もしやすくなったこと。自宅がすっきりして、毎日を気分爽快に過ごせること。
  • 毎日何を着るかに悩まなくなり、時間の節約や意志力の節約ができるようになったこと。
  • 自分自身が似合うものを身につけていることへの嬉しさや心地よさを感じられること。
  • おしゃれが楽しくなったこと。似合う色や似合う形に幅ができたこと。
  •  会う人に素敵だと言われること。実際に、服が似合っていると言われたり、痩せたねと言われたりしました。

たくさんのメリットがあるので、トータル診断を受けることに関してはぜひ検討してみてください。

次からは、私のトータル診断結果になります。
実際にどういった流れで診断を行なったのかや、
詳細な診断だからこそ教えてもらえたことなどについても、
お伝えていきます。

トータル診断結果

パーソナルカラー診断、骨格診断、顔診断の順に診断していただきました。

パーソナルカラー診断結果

まず、パーソナルカラー4シーズンのうちどれに分類するかを下記のテストドレープ(色を診断する布)を使って診断してもらいました。

テストドレープ
テストで使うカラードレープ

上からスプリング・サマー・オータム・ウィンターの色味です。
初めは、ウィンターとオータムの色を顔に当てられ、ウィンターのほうが顔色良く映ったため「ブルーベース」かな?となりました。
次に、スプリングとサマーの色を顔に当てられ、スプリングのほうが顔色が良く映りました。
サマーもまずまずでした。

ここから、私のベースとなるパーソナルカラーは「スプリング」だと分かりました。

カラー診断
似合うパーソナルカラー(スプリング)

そして、2ndカラーは「サマー」だと分かりました。
さらに、あえて言うなら3rdカラーは「ウィンター」でした。

ここで分かったことは、

  • 明度が高く、クリアな色が似合うということ
  • ベースはイエベだけどイエベに振り切っておらず、ちょっとブルベ寄りのイエベなこと
  • オータムの色が似合わず、濁った色・濃い色は避けたほうがいいこと

です。

そして、スプリング色の中でも最も似合う色10色前後をドレープを当てながら診断してもらいました。

私のベストカラーはこちら!

似合うカラーベスト10
似合うカラーベスト10

明るくて好きな色たちなので嬉しいです!

これらの得意な色を顔まわりに持ってくるとよいそうです。
逆に苦手な色は顔から遠いボトムスに取り入れるとよいそうです。

色の名前にこだわるよりも、トップスを買う場合は上記の色味に近い服を探してみるとよいそうです。
服には色の名前も書かれていますが、
メーカーによって色味も違うので実際に試着してみたり、
顔に当ててみることが大切だそうです。

ベースカラーに関しては、顔まわりに白は避け、アイボリーを選んだほうが良いことがわかりました。
白よりもオフホワイト、オフホワイトよりもアイボリーです。
顔まわりに黒も避けた方がいいと分かりました。
ライトなベージュやライトなグレー、ライトなネイビーをベースとして持ってくると良さそうです。

アクセサリーは、ブルベ寄りのイエベなので、
イエローゴールドよりもピンクゴールドの方が似合うそうです。
実際に友達にもそう言われたことがあります。

私がある美容院で受けたパーソナルカラー診断では、
1stカラーがスプリング、2ndカラーがサマーだと診断されました。
同じ診断結果でしたが、イエベなはずなのにオレンジ色や黄色が似合わない・・・と感じていました。

そしてオータムの色もいけるかなと思っていましたが、
写真写りが悪いことにも気がついていました。
それは私の色がイエベに振り切っていないからというのが分かりました。

逆に2ndがサマーだと診断された中で、青色に振り切るのも違和感がありました。
それはこういうことだったのか!と納得しました。

黄色と青の間のグリーンの中のグリーンもよく似合うという発見もありました。

パーソナルカラー診断に関しては年齢とともに変わるそうです。

シーズンをまたぐことはなかなかないそうですが、
シーズンの中でも濃い色、
例えばスプリングの中でも濃い色が似合いやすくなるそうです。

似合う色を知るっておもしろい!

骨格診断結果

骨格診断では、どんな服の形や素材が自分をスタイル良くみせてくれるのかが分かります。

肌の質感や骨格を見るために、直接触ってもらいながら診断してもらいました。
手首、胸の上、脚あたりがポイントとなるようでした。

私の診断結果は、「ストレート」でした。
筋肉の弾力があること、ハリがあることがキーとなりました。

そして、肌の質感は「ウェーブ」要素があり、サラサラだと言われました。

上記の要素から、
1st ストレート
2nd ウェーブ

となりました。

骨格診断にも1st、2ndがあることにびっくり!
ナチュラル要素は0だそうです。
ストレートだけど華奢だと友達に言われるのは、
ナチュラル要素がなく、
2ndにウェーブが入っているからだと思いました。

以前、某デパートで診断したときは、
ストレートかウェーブかで迷われ、
最終的に「ウェーブ」の診断となりました。

しかし、自分の場合はトップスにフリフリのものなど
デコラティブなものを持ってくるとどうにもゴツく見えてしまいます。
またフレアスカートも子供っぽくそして太って見えてしまいます。
スキニーもムチムチして見えてしまいます。

なので、ウェーブの診断結果に関しては正しいのか半信半疑でした。
自分の骨格の場合は、両方の要素があるので分かりにくかったのだと思います。

骨格診断ストレートの場合は、服や小物を選ぶときに以下のことに気を付けていると良さそうです。

  • ハリのあるものを選ぶ(ハリ感というのがキーワード)
  • 透ける素材は避ける
  • Iラインを作る
  • ジャストサイズなものを選ぶ
  • ネックラインは開きがあるものを選ぶが、あまり大きく開けすぎない
  • 高級感や上品さを大切にする
  • メイク映えする顔なのでしっかりメイクする
  • ラメやツヤはテカリになるので避ける(パーソナルカラースプリングではツヤを大切にとされていますが、パーソナルカラーよりもこちらを優先させたほうが良さそうです)
  • バッグは大きくてしっかりしたものがよいが、私のように身長が低い人は大きさの調整が必要
  • フレアスカートを履くなら、広がりすぎず、素材にハリ感があるものを選ぶ

骨格診断に関しては、太っても、痩せても、年齢を重ねても一生変わらないそうです。(ここ大事!)

顔タイプ診断結果

顔タイプ診断では、似合うテイストが分かります。

顔タイプ診断
顔タイプ診断

まず、正面と横顔の写真を撮ってもらい、そこからミリ単位で測りどのタイプに入るのかを測定してくれました。

私の診断結果は、「フレッシュ」でした。

納得です。笑
よく年齢不詳、童顔だとよく言われます。

宮崎あおいちゃんや榮倉奈々ちゃん、永作博美さんのように
いつまでも若々しくいられるのは「フレッシュ」の強み!

診断結果の詳細をいうと、直線よりは曲線多め、フレッシュとソフトエレガントの間くらい、だそうです。
なので、ソフトエレガントやアクティブキュートにも寄せやすいそうです。

これもはっきりとこのタイプ!とは分けきれない部分がありそうです。

似ている芸能人で、よくアクティブキュートの安達祐実さんと言われるのですが、
メイクの仕方でそうなりやすいのかなと思いました。

ちなみに、オンライン診断では「ソフトエレガント」でした。
オンラインでは診断しづらかったことや写真の撮り方で、
「ソフトエレガント」と出たのかなと思いました。

某アプリの診断では、「エレガント」でした。
中野先生に聞くと、「エレガント」要素は0だそうです。笑

服や小物を選ぶ場合は、以下のことに気を付けると良さそうです。

  • 甘々を避ける(曲線に偏りすぎない)
  • 辛いのも避ける(直線にいかない)
  • 大人めをいくならソフトエレガントに寄せる
  • ブラウスの襟元はV字や丸みがあるものを選ぶ
  • 似合う柄は、小花、ギンガムチェック、小さめドット、ペイズリー、横ボーダー、モノトーン
  • アクセサリーはシンプルで小ぶりで可愛らしいもの
  • メガネは丸みのあるもの(オーバルよりはボストン)

髪型のアドバイスは以下の通りでした。

  • 前髪ありが似合う、流すと良い
  • ふわっとワンカールを入れる
  • 長さはボブ〜セミロングが良い

他に参考にしやすい雑誌や似合う服のブランドを幅広く(本に書かれているブランド以外のものも含めて)教えてもらいました。

顔診断に関しては、5〜10kg単位で体重が変わったりすると診断結果も変わってくるそうです。

マトリックスでいう上下に移動するようです。

なかなか顔タイプも変わらないようです。
私の場合は、すごーく痩せるとソフトエレガントに移るかもしれません。

顔診断を受けて、自分の「似合う」がだいぶクリアになりました。

まとめ

「自分の似合うもの」がクリアになることで、おしゃれが楽しくなり、毎日がもっと楽しくなりました!

新しいものの見方もできるようになりました。
最近はもっと色について知りたいと思い、色彩検定を独学で勉強しています。

さらに、ファッションについて悩む時間が少なくなり、
しなくてもいい出費をしなくてもよくなったので、
時間とお金が節約でき、
その分他のことに費やすことができるようになりました。

もし、「自分の似合うもの」で悩まれているのであれば、
自己診断よりも、
たくさんの人達を診断してきたプロの方の診断をぜひ受けてほしいです。
人生変わります。

お値段と同等、もしくはそれ以上の価値があります。

最後に、診断結果はもちろんベースとしたいですが、
「自分に似合う・似合わない」の感覚は概ね合っているので、
大切にした方がいいということも分かりました。

中野先生、ありがとうございました!!

では!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる