WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

目の前の「しなくてはいけないこと」に向き合うためのたった1つの必要な気づき

こんにちは!ゆいです!

突然ですが、質問です。

みなさんはなぜ仕事をしていますか?誰のために仕事をしていますか?
何のために、誰のために勉強をしていますか?
どうして家事をしているのですか?
なぜボランティアをするのですか?
なぜ部活やスポーツなどに取り組んでいるのですか?

私は全て
「仲間のため」
「家族のため」
「困っている人のため」
「会社のため」と考えていました。

たとえば、
私はアフリカのマラウイで活動をしていたときに、
「現地の人たちが豊かな生活を送れるようになるために、教育を活性化させるんだ!」
と本気で思い、
活動に一生懸命取り組んでいました。

だれかのためにがんばっていると思っていたのです。

しかし、これって違うと思うのです。

誰のためか、今なら断言できます。

今取り組んでいる、
仕事も、
家事も、
勉強も、
ボランティアも、
ぜ〜んぶ自分のため。

くま

実は全部自分のためだったんだ。

こう思えて初めて目の前のことに自分ごととして向き合うことができます。

「誰かのため」と思っているうちは、
何か嫌なことや不都合なことがあったときにはだれかのせいにしがちです。
思い通りにならないと、イラッとしてしまいがちになります。
私はそれでイライラして過ごしていました。

しかし他人である以上、思い通りにならないことのほうが多いでしょう。
「誰かのため」という考え方では自分の成長にも繋がりません。

「自分のため」なんてエゴだ、
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「だれかのために今自分は動いている(動いてあげている)」と主張するほうがよっぽどエゴが強いと思います。
相手にとっても、余計なお世話ですよね。

まず何をするにしても「自分のため」と考えるのが第一。
その「自分のため」にやっていることが「だれかの役に立つ」のなら最高だと思います。

ゆい

「全部自分のためなんだ!」と思ったほうが自由になれる気がする!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる