WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

【中級者・上級者向け】英語教員がおすすめする!リスニング力スピーキング力アップのためのシャドーイング無料教材

こんにちは!ゆいです!

今回は、シャドーイングにおすすめ無料教材を紹介します。

私は以前、職業柄日本でネイティブの方と関わったり、
マラウイ(アフリカ)に住んでいた時にも英語を使って仕事をしたりと、
英語を使う機会がたくさんありました。

そんな中で、

  • 英語を聞き取れない
  • 話したいけど細やかなことを上手く伝えられない

などのストレスに何度もぶち当たりました。

ゆい

もどかしくてつらい‥‥。

英語圏に長期留学をしなかったことを何度も何度も後悔しました。

自分は日本人によくある「読める・書けるけど聴き取れない・話せない英語学習者」でした。

すごく悔しくて、様々な学習法を試しました。

  • 単語やフレーズをテキストを使って覚えたり
  • 洋画や洋楽などを聴きまくったり
  • オンライン英会話を試してみたり
  • ディクテーションをやってみたり

他にも色々と試してみました。

その結果、リスニングやスピーキングには、
「シャドーイングがとても効果がある」と言うことを実感しました。

留学をしなくても、リスニング力やスピーキングを向上させることができますよ。

目次

シャドーイングとは

シャドーイング(Shadowing)、またはスピーチ・シャドーイング(Speech Shadowing)とは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。 言葉の聞き取りと発音の間の反応時間は254ミリ秒[1]から、150ミリ秒[2]までの短さになる。 これは、発声の音節の長さの遅れといえる。対象者はただ復唱するように指示されても、自動的に文法や意味を処理する。[1] シャドーイングで復唱される言葉の方が、単に音読する場合より、より口調などの模倣が忠実に行われる。[3]

脳機能イメージによれば、擬似語[4]のシャドーイングは、上側頭葉から始まり下頭頂小葉を経て下前頭葉(ブローカ野)に至る経路を通して発話の聴覚表象と運動表象を繋ぐ背側皮質視覚路を通して起こる事がわかっている。[5]

発話シャドーイングは1950年代後半にLudmilla Andreevna Chistovich率いるLeningrad Groupによって最初に研究手法として採用された。[2][6] それは、音声言語知覚[1]や吃音症[7]の研究において使用された。

また、第二言語習得においてリスニングやスピーキング能力の改善のためにも応用される。同時通訳の訓練においてリテンション能力の向上のために、数秒遅れて繰り返す手法もシャドーイングと呼ばれるが、第二言語習得に用いるものと、効果が全く異なるので注意が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、英語学習でのシャドーイングとは、「英語の音声を聞いた後にすぐに復唱する練習方法」のことをいいます。

シャドーイングでできるようになったこと

私がシャドーイングをして、できるようになったことを挙げます。

  • 英語を聴き取りやすくなった
  • 発音が良くなった
  • フレーズがすぐに出るようになった
  • 会話のキャッチボールのテンポが早くなった

「英語を使えるようになった」と実感が得られたことが大きな変化でした。

シャドーイングにおすすめな無料教材

おすすめの無料動画を3つ紹介します。

音声のみよりも動画の方が、

  • 意味が掴みやすいこと、
  • 実際に英語を使う場面では視覚的な情報もあること

からおすすめです。

全てネットで検索することができるので、ぜひ活用してみてください。

TED Talks

TEDでは、各界の著名人のスピーチを聞くことができます。
スピーチ内容は一流で、内容も興味深いものが多いです。
TEDを聴くことで、知識が増えることはもちろんスピーチやプレゼンの学習にもなります。

英語のテキストも出ますし、スピーチ1本あたり5〜20分程度なので、シャドーイング教材におすすめです。

https://www.ted.com/talks?language=en&sort=popular

NHK WORLD  JAPAN

NHK WORLD JAPANはNHKのニュースを英語にしたものです。
こちらも1本あたり5分程度のものが多いので、ぜひみて観てください。

海外の日本が好きな方の中には、NHK WORLD  JAPANを観ている人もいます。
もしかしたら日本のニュースのお話も盛り上がるかもしれません。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

YouTube

音声学習で忘れてはならないのが、YouTube。

おすすめは、スティーブ・ジョブズなど著名人のスピーチです。

また、トランプ大統領のスピーチも聞き取りやすいのでおすすめです。

英語学習ができることはもちろん、教養として、多くのことを学ぶことができます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

まとめ

いかがでしたでしょうか?
とにかくまずやってみること
そして続けることが大切になります。

5分でもよいですし、
同じ動画でも構いませんので、
ぜひ毎日練習するようにしてみてくださいね。

ゆい

積み重ねが大事!

最初は同じ動画のほうが英語力アップの実感が得られてよいかもしれません。

テキストは最初は見ながらでもいいです。
少しずつテキストを見ないでできるように練習してみましょう。

そうすると、必ず英語を聴き取れるようになりますし、話せる内容もグッと深みが増します。

楽しみながらやってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる