WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

学校に行かないといけないの?子どもが不登校で悩んでいる保護者の方へ

こんにちは!ゆいです!

現在、不登校者数が過去最高となっている(※文部科学省調査より)ということを受けて、
「学校に行かなければいけないのか」ということを考えて記事にしてみました。

私自身フリースクールに関わっていることもあり、
この命題には毎日のようにぶつかります。

くま

学校に行きたくないときもあるんだよね‥‥

結論からいうと、
「学校には必ずしも行く必要がない」
というのが私の答です。

理由と
保護者の方にやってほしいことを以下に挙げます。

目次

理由① それぞれに合わせた学び方をすべきだから

大人も、子どもも、人は皆それぞれ違います。
好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、不得意なことなども全く違います。
日本の学校は、「すべての能力を一定水準に育てる」という面に関して、
非常に良くできたカリキュラムを備えています。

日本の識字率の高さ(ほぼ100%)や各初等教育の達成度は世界的に見ても類を見ません。
しかし、別の面を見ると日本の教育は「みんなを同じ(一定の高さの)レベルに育てる」のが目標であり、
一斉集団授業で授業が行われている以上、
そこには個人の好きや得意等まで考慮するのはなかなか難しい側面があります。

社会はものすごいスピードで変わり続けています。
見落とされがちですが、
現在の教育制度は戦前に作られたものとそこまで大きくは変わっていないのです。
もちろん多少は変わり続けてはいます。

高度経済成長時代までは、
「アメリカに追いつく」という明確な目標やゴールが見えていたので、
それを達成するための道筋も明確でした。
学校教育でも同じ知識等を与えて子どもたちを成長させるという志向になっていました。
それでよかったのです。

しかし、
グローバル化が進み、
科学技術も発展していく中、
「みんなと同じ」だけでは不十分です。
そこは近い将来にAIやアウトソーシングで代用されてしまいます。
これからは自分の持ち味を伸ばしていくことがより重要になっていきます。
みんなと同じことをし同じような能力を身につけるよりも、

好きや得意を伸ばし尖がった方が生きやすくなります。

大学受験が心配・・という保護者の方も非常に多いですが、
大学受験の制度なんていつ変わるか分かりません。
ネットがこれだけ普及している今ですから、
Google検索が受験で使える日が来るかもしれません。
そして、大学と就職(仕事)は全く別物として考えた方が良いです。

いい大学を出たからと言って、いい就職(仕事)は保証されていません。
「みんなと一緒」や「学歴」を気にしすぎていませんか?

くま

みんなと同じじゃなくていい!
みんな違ってみんないい。

理由② 同調圧力が働くから

学校ではどうしても「同調圧力」がかかります。
特に日本では「違う」ことに対しての同調圧力が大きいです。
子どもの集団ならなおさらです。

くま

なんかしんどいんだよね‥‥。

そこにつぶされて個性が光らなくなってしまったり、
辛い思いをする子どもたちもいるでしょう。
長所が短所と出てしまうこともあります。
中には、いじめられたり、周りの子から嫌なことをされて、
体調不良になってしまう子もいるかもしれません。
またいじめで自分の命を絶ってしまう、
といった悲しいニュースは後を絶えません。

そこまでして学校に行く必要はありません。

学校に行かないからと言って、明るい未来がなくなるわけでも、将来がだめになるわけでもありません。
無理に学校に行って、体調を崩してしまったり、トラウマを抱えてしまったり、

命を絶ってしまったりしてしまうことの方が避けるべきことなのです。

目の前のお子さんが苦しそうなら、
どうか、
お子さんのの幸せのために「学校に行かない」という選択を許してあげてください。

理由③ 学び方は多様にあるから

学校では一斉集団授業となります。
なので、学べることは先生次第となります。
個性が尊重される時代ですから、学びたいことを学べるようにすべきだと思います。

くま

勉強ってつまんないな。

学校以外での学びの場所はたくさんありますし、ホームスクーリングでの学びもあります。
動画で学ぶこともできます。
ラインナップは充実していますし、動画の授業のクオリティーはとても高いです。
また、オンラインで双方向に学ぶこともできます。

子どもたちには、何を学ぶか以上に、学ぶ楽しさを知って欲しいですね。
大人になってからもリカレント教育が推進されています。
大人になっても学び続ける力がないと、社会で生きていくのはしんどくなります。

さらに自分の学びやすい学び方を知っておくと将来役立ちます。

ゆい

勉強って本来は楽しいもの!

保護者の方にやってほしいこと

子どもの将来は不安になって当然だと思います。
特に自分の子どもが不登校になってしまったら、尚更将来が不安だと思います。

子どもにより良い将来を与えられるために、
保護者の方ができることを3つ提案します。

① 自分自身が社会の現状や社会の流れを知る努力をする

特に子育てに関わっていることの多い、お母さんにお願いしたいです。

社会を知るための手段が、テレビを観るだけになっていないでしょうか?
テレビの情報は非常に偏っていることを知っておいてください。

新聞を読んだり、
本を読んだり、
ニュースアプリを読んだり、
様々な情報源から
時代を読む努力を、
子どものために怠らないようにしてほしいです。

できれば一次情報に辿り着ければベストです。

ゆい

毎日忙しくてそんな時間なんか、取れないよ‥‥

自分自身の価値観が本当にニュートラルなものであるか?に気づくためにも
社会の現状や社会の流れを知る努力をしていただきたいです。

親の価値観を子どもに押し付けてしまうと、
子どもは間違った方向に努力してしまい、
さらに生きづらくなります。

そんな保護者の方や子どもたちをたくさん見てきましたが、
多くの方は自分の価値観を子どもに押し付けていることを自覚していません。
そのことで、子どもたちも、保護者の方自身も苦しんでいるのです。

まず、自分の価値観が凝り固まっていないか疑ってみる必要があります。

毎日15分でも良いので、子どものために親自身が時代を読む努力をしましょう。

② 子どもの個性や違いを認める

自分の子どもが周りと違うことを不安に思っていないでしょうか?
その不安は100%子どもに伝わっています。

そうすると、子どもは自分自身を責め始め、本音を親に言ってくれなくなります。

今の時代、「違いは素晴らしい」のです。
違っていることが社会的には「価値」となるのです。

学校に行っていなかったとしても、
その子の人生が終わるわけではありません。

1番身近な親に認められなくなったとき、
子どもは非常に辛くなり、自信をなくし、外に出られなくなってしまうのです。

まずは、子どもの存在や子どもの考え、気持ちを聴き、共感して認めてあげましょう。
一緒に子どもの興味があることに取り組んでみることもひとつですよ。

ゆい

違いってすばらしい!

③ 学習ツールを提案する

塾に通う、
家庭教師をつける、
YouTube、
スタディサプリ、
スマイルゼミなどのタブレット学習など、
学習ツールは山ほどあります。
学習の仕方を子どもと一緒に考えてあげましょう。

しかし、「今は勉強したくない!」という子もいると思います。
そのような子でも興味があることはいくつかあると思います。
そのことに親自身が興味を持ち、そこから広げて行きませんか?

何も主要教科(国語・算数(数学)・理科・社会・英語)だけが勉強ではないのです。

例を挙げると・・・

フリースクールにも他のことにはあまり興味がなかったけれど、歴史(戦争時代)だけは大好きな男の子がいました。
そこで、他のことは置いておいて、歴史(戦争時代)をたくさん勉強できるようにアプローチしました。
一緒にお話しをしたり、議論をしたり、調べ物をしたり・・・。
次第に、世界史から英語や、現代の日本や世界の政治・経済、歴史から砂糖の種類や成分、経済から数学・・・と興味の幅が広がっていきました。
また、議論をする中で説明がとても上手になっていきました。

また、フリースクールでは、ゲーム好きな子には思いっきりゲームをさせてあげ、時には大人も一緒にやることもあります。
「やりすぎてゲームに飽きた」という子もいれば、「ゲームとプログラミングが似ている」とプログラミングを本格的にできるようになった子もいます。
大人が見ている中、オンラインゲームを海外の方とやることで、英語に興味を持った子もいます。

ぜひ子ども興味の幅を上手に広げてあげましょう!

まとめ

「学校に行かないといけないのか?」という答には、
質問してきた子どもたちと「どうして行かなければならないんだろうね?」と一緒に考えていきたいですね。
その上で納得できる答を追求していくことこそが必要だと日々感じています。

もし不登校のことで悩んでいらっしゃる方がいれば、気軽にお問い合わせからご相談くださいね!

 

 

 

参照:落合陽一『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書』

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる