WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

悩みをなくすための思考法と具体的な行動

こんにちは!ゆいです!

今回は、悩みをなくすための思考法についてお伝えしていきます。

くま

悩みがない毎日を送りたい‥‥。

私は、普段からあまり思い悩みません。
考えることはありますが、思い悩み、落ち込んだりすることはあまりありません。

しかし、そんな私でも20代前半くらいまではめちゃくちゃ悩み、
毎日を悩んで忙しくしていました。

特に、恋愛や仕事での悩みが絶えなかったです。

そこで、悩まないためにどうすれば良いか考え抜きました。

ここからは、悩みをなくすためには、
それがムリでも悩むことを減らすためにはどうすればよいのかを解説していきます。

目次

悩みをなくすための思考法

悩みをなくすためには以下のような思考法を取り入れると気持ちが落ち着きます。

①人間は悩むようにできている

人間は悩むようにできています。
些細なことであっても、大きなことであっても、悩みます。
それが人間です。

人間の思考のうち、
70〜80%はネガティブ思考でできている。
そのうち、
95%は同じことをグルグルと考えている。


と言われています。

つまり、私たちは自然のままに、
何もしなければ悩むようにできているのです。

悩みたくなければ、
考えを変える努力をし、
何かをする必要があります。

②悩みと感情を切り離す努力をする

今持っている悩みには、
ネガティブな感情が付随しているはずです。

まずはそれを取っ払ってみて考えてみましょう。

イライラしたり、辛かったりするときは、
まともに考えられる状態ではありません。

なので、まずはそれらの感情を発散させる
努力をしてみましょう。

感情を発散させるためのリフレッシュ法はこちら。

あわせて読みたい
自宅でも気軽にできるリフレッシュ法 19選 こんにちは!ゆいです! 今回はリフレッシュ方法のアイデアを紹介します。 仕事や、学校、自粛・・・となかなかストレスが溜まり、リフレッシュが難しい世の中だなと感...

③解決できる悩みか、そうでない悩みかを分類する

悩みには、大きく分けて、
解決できる悩みと
そうでない悩みがあります。

解決できない悩みに関しては、考えるだけ時間の無駄です。

解決できない悩みに関しては、
あきらめる
のが1番です。

もちろん、誰かのためではなく自分のためにです。

解決できない悩み

解決できない悩みの例としては以下の通りです。

①他人を変えることに関する悩み

恋人でも、
夫婦でも、
親でも、
自分の子どもでも、
上司や部下でも、
同僚でも、
他人を変えることはほぼ不可能です。

厳密には不可能ではないですが、かなりハードです。
相手を変えようとするなんて、
どんなに身近な人でも一種の傲慢だと思いませんか?

相手に変わって欲しいと思う場合は、
まずは現状を受け入れ、
相手を認めつつ、
相手に合わせたアプローチをすることが必須です。
そして、長期的な視点を持つことが必須です。

他人に関する悩みは、
自分が変わるか、
対象から距離を取るか(物理的or精神的)、
一切関わらないようにするか、
が1番です。

②社会的な事象

例えば、
満員電車や、
電車が遅延すること、
コロナ騒動、
どこかで起こる事件
なんかは
すぐには変わるものではありません。

いちいちそれらに怒り、悲しむというのはナンセンスです。

それらを受け入れた上で、
自分の行動を変えた方が賢明です。

例えば、
電車が嫌なら会社の近くに引っ越す、
コロナで騒ぐ人の近くに行かないようにする、
テレビやニュースをあまり見ないようにする

などの解決策があります。

悩みをなくすための具体的な行動

①紙に書く

深く考えず、思っていること、考えていることを紙に思いっきり書きましょう。
そうすると、自分の悩みが可視化され、整理され、気持ちも落ち着きます。

騙されたと思って、悩みを紙に書いてみてください。

関連して、一日の終わりに日記を書くのも思考や気持ちの整理には役立ちますよ。

②書いた悩みの中で、行動できそうなことを書き出す

書いた悩みの中で、行動して変わりそうなことをピックアップしましょう。
そして、具体的な行動を考えてみましょう。

あとは、行動するだけです!

ここまでくれば、悩みの半分以上は解決できているでしょう。

③書いた悩みの中で、変えられないことはあきらめる

諦めましょう。
自分のためです。

諦めて、自分自身の行動や環境を変えるのがよいです。
新生活だと思えば、ワクワクしませんか?

④読書する

悩みでモヤモヤしてしまったときは、専門家の知識や知恵を借りましょう。

読書をする中で対処方が分かり、気持ちが前向きになるはずです。

過去の私は、悩みを持ったらすぐに関連した本を読むことを心がけていました。
数にして、月20冊ほど読んだ時期もあります。

それが今の悩まない自分を作っていると断言して言えます。

⑤瞑想する

瞑想すると、悩みから一旦離れることができます。

気持ちや思考が落ち着くので、
10分でも時間を取ってやってみるとよいですよ。

⑥寝る

睡眠は悩み解決には最強の方法かもしれません!

身体や頭が疲れていては、
まともに考えることができず、
ネガティブなことしか考えられなくなってしまうでしょう。

建設的に考えられるようになるためにも、
一旦時間を置くために寝るのがよいです。

⑦悩まないと決める

これが1番大切かもしれません。

「悩まない」と「決断」してしまうことです。

友達や知人から、「疲れてる?」「悩んでる?」と聞かれたことはありませんか?
そう聞かれてしまうと、
疲れてる自分や悩んでいる自分を探し、
元気だったのに気分が落ち込んでしまうことがあります。

それを避けるためにもう「悩まない!」「疲れてもいない!」と決めてしまいましょう。
そうすると悩みや疲れとは無縁になります。

悩まなくなって思うこと

悩まなくなって思うことは、
人生がかなりイージーモードになったなということです。

とはいえ、時には悩むこともあります。

例えば人生を変えるような大きな出来事があった時です。

しかし、
大きな出来事があって、
ショックを受けたとしても、

・それは仕方ない
・気持ちを整理するためには時間がかかるもの

と考えることで、
出来事や自分を客観視する中で
自然と悩みが解決されていることもあります。

一方で悩みがなくなって、
それはそれで寂しいと感じることがあります。

悩めていいなぁ
青春だなぁ
辛いけど生きているって感じもするだろうなぁ

と思うこともあります。

悩みがなくなるということは
浮き沈みが少なくなり、
一定になるということです。

心の中にはいつも安定や平和がありますが、
一方でドラマティックで刺激的ということはなくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「悩みすぎて、辛い・・・」

という人はぜひ記事の内容を参考にしてみてくださいね。

カウンセリングも承っていますのでお話も聞きますよ。
ぜひお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる