WEB制作のご依頼はこちらCLICK!

住むならどっち?!都会 vs 地方【地方編】

こんにちは!ゆいです!

今回は、住むなら都会と地方のどちらがいいか検証第二弾です。

誰もが憧れる田舎暮らし。
地方暮らし。

東京と地方にどちらも住んだことのある経験から、
都会と地方の実態についてお伝えします。

どのように生きていきたいのか
どのような人生を目指していくか

によって答は違ってきますので、
ぜひ情報を参考にしてどちらに住むのか考えてみてください。

目次

地方に住むメリットとデメリット

地方に住むメリット

①家賃が安い

地方では、家賃だけでなく、物価も安めです。
都市の家賃は本当に高い・・・。
地方の中でも、沖縄は東京と同じくらい高いですが、その他は東京ほどは高くはありません。

同じ1LDK、2LDKのお部屋でも2倍以上違うことがザラにあります。

なぜ東京のお家賃はこんなに高いんだろう・・・

懐の余裕は生活の余裕そして心の余裕です。
心の余裕を持ちやすい環境にあります。

②人の温かみがよく感じられる

道端で話しかけられたり、
肩肘張らずに過ごしていたり、
夜にお店でワイワイ飲んでいたり、

人の温かみがそこらから感じられるのが地方のよさです。

困っていたら声をかけてくれることもあるし、
さらに田舎に行くとご近所さんから野菜がもらえたりもします。

町内会も活性化しています。

孤独は都会よりも感じにくいと思います。

③自然が豊かで空気が綺麗

感じる人は感じると思います。
東京と地方の空気の違いを。

緑が圧倒的に多いところだと、空気はやはり澄みきっていて綺麗です。

また、BGMが自然の音になることがあります。
たとえば、風の音や虫の泣き声、カエルの泣き声・・・

交通が少ない場所では、
車が通る音もほとんど聞こえません。

身体も心も元気になる気がします。
頭も冴えてくる気がします。

交通が少なく自由に行動できる範囲が広いので、道端で遊ぶこともできます。

自分に子どもがいたら、空気が綺麗で自然で豊かな場所で、悠々と住まわせてあげたいなぁなんて思ったりもします。
また、老後は田舎に戻りたいなぁなんて思ったりもします。

④創造性が養われる

東京には望めばほとんどのサービスがあります。
とても便利です。

しかし、地方になるとそうはいきません。
サービスが東京ほどは多くはないので、
自分でなんとか工夫する必要も出てきます。

そのような環境下では、仕事にしても、遊びにしても、
自然と工夫して何かを生み出すこともできるでしょう。

子育てするとなると、発想力や想像力豊かな子供に育ちそうです。

もっとも、何かを生みだそうという気持ちがなければ何も生まれませんが、
試行錯誤しながら夢中になって何かを生み出す過程はとても楽しいものです。

⑤自治体によっては独自の金銭的サポート(補助金・支援金)が受けられる

東京にも支援金はありますが、比較的地方のほうが多様なサポートが整っていると思います。
子育て支援、引越し支援など住みたい自治体の調べてみる価値はあります。

⑥食べ物が美味しい

東京と比べて、安くて美味しいものが地方では食べられます。
海の幸、山の幸と、地方は最高です・・・。

私は、北海道に行った時に海鮮のあまりのおいしさに感動して涙が出ました。

美味しいものは元気な体と心を作ります。
そして、美味しいものを美味しく食べられる人は、心が病みません。
いつまでも健康に過ごせることでしょう。

地方に住むデメリット

①社会的に上位に食い込めるチャンスは少ない

やはり、東京と比べると得られるチャンスは少ないです。

教育、就職、起業、全てにおいて上位に食い込むチャンスはどうしても少なくなってしまいます。
年収も頭打ちになってしまうことが多いです。

地方に住んでいると、
どうしてもぬるま湯に浸かっているように毎日をのほほんと生きてしまい、
社会問題や社会現象に疎い人が多いように感じます。

多くの時間があるので、
噂話や騒ぐだけの飲み会など意味のないことに時間を費やす人も多いです。

人間は周りに影響されるので、意識を高く保ち続けるのは難しいように感じます。

上を目指さず、今のままのんびりと一生を終えればそれでいいと考えるのもひとつの幸せだと思います。
別に意識を高く持たなくてもいいですし、
社会ではなく個人の幸せに目を向けるのも生き方としては素晴らしいです。
地元民の友達や家族と仲良くできれば満足というのもひとつの幸せです。

いろんな幸せの形があるので、そう考える人の意見を否定はしません。

しかし、私は個人的には一度は東京に出て、東京で働いてみることをおすすめします。
そうすることで、地方しか知らない人にとっては新しい世界が見えて人生が面白くなるでしょう。
かつての私もそうでした。

まだ東京に出たことのない人は、ぜひ東京で短期間でもいいので出て面白い世界をみて欲しいです。

②人間関係のしがらみがある

田舎になればなるほど、人間関係のしがらみというものがあります。

これはあまり東京では感じられないものです。

村八分や、
個人の勝手な正義に振り回されて迷惑を被ること、
自粛警察などは実際にありますし、
噂話などは聞いてもいないのに勝手に耳に入ることもあります。
自分が噂話のネタにされることもあります。
また、身近な人には知られたくないような恥ずかしい現場を見られることもあります。

それで嫌な思いをすることもあります。
そうなると、気にしないのが1番なのですが・・・。

温かい人間関係がある分、距離が近すぎると厄介な面も多々あります。

人間関係の問題は、大抵は距離が近すぎることによって起こるというのはあながち間違いではないです。
足を引っ張られることもよくあります。

③受けられるサービスが少ない

バスや電車の本数が少なかったり、
Uber Eatsが通っていなかったり、
ヒトカラ(1人カラオケ専門店)がなかったり、
アマゾンの配達に時間がかかってしまったり、
受けられるサービスが東京と比べて少なくなります。

やはり不便だなぁと思ってしまいます。

また遊ぶにしても、
飲むかカラオケかファミレスか、
などの決まった選択肢となることも多いでしょう。

一方、都会には様々なサービスがあります。

様々なサービスを受けてみることは単純に面白いですし、
新しいサービスを受けることで脳が活性化し、
フレッシュな気持ちを持ち続けることができるようになります。

中身から若返ることができますし、
一般的に成功者と呼ばれる人は多くのことにチャレンジしているものです。

地方に住んでおり、フレッシュな気持ちを持ち続けたいと思うのなら、
新たに様々なことに挑戦できるような機会を自ら作り、
工夫して過ごす必要はあるかなと思います。

⑤情報に疎くなる

田舎に住んでいると、情報源はテレビだけ・・・の人も割といます。

テレビだけの情報となると、割と偏ってしまうんですよね。
そして、最適な判断がしにくくなってしまうので、相手から見下されてしまうことや致命的なミスをしてしまうこともあります。

当事者意識を持って、
ネットやアプリ、
書籍、
新聞などから良質な情報を得続け、
行動することで自身の市場価値は上がるでしょう。

おすすめは最低限、新聞は読むことです。
社会人なら日経新聞が記者の主観があまり入っていないのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

東京に住んだことがない方にとっては、
ショッキングな内容だったかもしれません。

しかし、これはあくまでも私が田舎と東京との両方に実際に住んでみたことで実感として感じたことからの一意見です。

地方には地方の素晴らしさがあります。
東京に住む一択だと息苦しさも感じます。

私はいずれは地方と東京を行き来し、両方のいいとこどりができるような生活ができるようにしたいなと思っています。

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる